週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

秋晴れ高気圧からの東うねりでサイズアップ!湘南もミドルサイズのいい波ありそう【2020.10.22】

おはようございます。10月22日の木曜日の気圧配置と風と波の状況です。

昨日と一昨日は朝から雲もなく秋晴れのいいお天気でしたね。

外に出たくなる陽気でそんなに寒くもなく、一番いい季節なんじゃないかと思います。

今日は秋晴れをもたらした高気圧は東の海上へと移動し、代わって西から低気圧が近づいてきています。

今日明日は曇りや雨の時間帯が多くなってきそうです。

今日の気圧配置と風と波:秋晴れ高気圧からの南東~東うねり

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝午前3時の気圧配置をみていきますと、

秋晴れをもたらしてくれた移動性の高気圧は東海上へと移動し、日本付近は高気圧の後面(高気圧の西側)に位置するようになりました。

高い山があればそのあとには谷があるように、高気圧のあとには気圧の谷があって、そこには前線を伴った低気圧があります。

午前3時の時点では前線を伴った低気圧は東シナ海にあって、九州には低気圧からのびる温暖前線がかかってます。

レーダー画像を見るとこの低気圧の前面となる九州北部から中国四国地方は雨雲が広がっているのがわかりますね。

レーダーナウキャスト

この雨域が午後から今夜にかけて東海地方から関東地方にも広がってくる見込み。

関東地方は日中いっぱいは雨は降らなそうですけど、夜には雨が降り出してきそうな感じです。

今日は外出して帰りが遅くなりそうな方は、折りたたみの傘を持っていったほうが良いでしょう。

そして今日の風は秋晴れをもたらした高気圧から吹き出す東~北東の風が引き続き吹きそうです。

朝のうちはまだ北よりの風となっている時間帯がありそうですが、次第に北東~東の風へとシフトして吹いてくるでしょう。

そして今日のうねりも東からのうねりがベース。

こちら久しぶりにWindy.comからの風の流れを掲載してみました。

短いアニメーションですけど東にある高気圧の南側には東西に2000km以上はある等圧線があって、

その等圧線に沿うように北東~南東の風が吹いているのがわかります。

強い風が長い時間・長い距離を吹くことによって波は発達します。

まだ時間的にはそんなに長くはないですけど、この2000㎞以上にもおよぶ長い距離を東よりの風が強く吹いていることから、

このエリアで波は発達し、その波がうねりとなってまとまり日本の太平洋沿岸に届くことになります。

波が発達するまでとうねりが届くまでに少し時間がかかるので、少し反応にはタイムラグがありますけど、

こんな感じで高気圧から吹き出す風によって波はつくられ発達し、ビーチに届きます。

関連記事

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

また、台風17号は南シナ海を西へと進んでおり、こちらは日本への影響はありません。

台風17号

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。10月22日水曜日の気圧配置と風と波の状況です。今朝も雲の少ないきれいな青空からのスタート、気持ちのいい朝を迎えました。今日も高気圧に覆われて全国的に晴れのところが多く、最高気温も20度を越えるくらいの快[…]

秋晴れ2日目

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西ベースの風

最近毎日書いてますけど、朝一に北西の風が吹くようになってきました。

千葉エリアでは北西の風が吹くとオフショアになるポイントが多くなり、波のサイズさえあればいろんなところでサーフィン楽しめるコンディションになってきます。

これから冬になると西高東低の冬型の気圧配置になることが多くなり、北西の風が吹く日が多くなります。

うねりの反応が良ければいい波になるチャンスも増えてくる時期です。

ウエットの着替えや海の中の水温も冷たくなってきますけど、今は真冬でも快適にサーフィンできるアイテムが沢山そろってきてますので、

防寒対策をしながら海に向かえば、千葉エリアではいい波に乗れるチャンスが増えてきます。

こちらの記事には防寒対策に関するアイテムを紹介していますので、あわせてご覧ください。

関連記事

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってサーフィンします。冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。また千葉・湘南目線でいえば北西のオフ[…]

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北西からのやや強めに吹く風。

亀田病院のヘリポートの吹き流しを見てもそこそこ強めの風が吹いており、ブレイクする波のトップがオフショアで舞い上がっています。

今朝も潮が多い時間帯からのスタートとなりますが、東~南東ベースのうねりが昨日よりも反応よくなってきており

朝から十分にサーフィン楽しめるコンディションで、サイズは大きめのセットは胸肩くらいはありそう。

うねりは昨日よりも筋張ってきており、潮が多くなってきていてインサイドは厚くなってしまう波もありますけど、

セットの波はワイドながらもいいポジションからは十分に乗れる波。

もう少し潮が引いてくるといいんですが、今日は午後の干潮でも100㎝くらいあってあんまり日中に潮が引かなくなってきました。

風が結構強めに吹いてきているので、ジャージのウエットだとちょっと寒く感じるかもしれません。

13時更新

昼ころの波は潮が引いてきてかなりいい感じのブレイクになってきてます!

風は弱めの北東で面はクリーン、まだ少しバックウォッシュがありますけど、コンスタントに腹胸から肩くらいの波が入ってきて、ライトの波もいい感じ

2発飛んでる上手な方も入ってました。こちら一発目。

こちらは2発目、どなたかわかりませんけど素晴らしいライディングなので掲載させていただきました

白渚も朝から北西ベースの風でオフショアの波。

マルキよりもワンサイズ大きめのサイズのコンディションで、今朝はまとまったいい波が入ってきています。

サイズはセットで胸肩~たまーに頭くらいの波も入ってきて、なかなか遊べるコンディション。

昼ころチェックしたときは風の影響がでてきてました。

千歳も北西ベースの風で今朝は風の影響すくなくサーフィンできるコンディションです。

でもこれから北東の風にシフトしてきそうなので、白渚や千歳・千倉は早めに入っておいたほうがよいでしょう。

千葉北

北~北西の風が吹いておりオフショアからサイドオフの風となっています。

千葉北のほうがうねりの反応は良くなってきているようで、九十九里エリアでは肩~頭サイズでハードなポイントが多くなってきている模様。

今朝も片貝エリアが無難なポイントセレクトで、程よくうねりをかわして胸肩くらいのサイズ感で今日も良さそうです。

一宮周辺でも頭サイズのセットがおおくなってきてちょっとハードな感じのようです。

湘南

昨日の午後ははるか東海上の高気圧からの南東ベースのうねりが反応してきたようで、

鵠沼でもセットで腹胸くらいまでサイズアップしてきたようでしたが、今朝も南東ベースのうねりが続いており朝から遊べるスタート。

今朝も鵠沼ではセットで胸くらいのサイズの波が入ってきているようで、オフショアが吹いてコンディションいいようです。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

低気圧が近づき明日は南西の風が強まる

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、西から低気圧が東へと移動してきて夜には関東地方も雨が降りだす見込み。

今日いっぱいは北東の風が続きそうです。

東ベースのうねりの反応も続くので、今日の後半も北東の風を軽減するポイントが中心のサーフィンとなるでしょう。

鴨川マルキや片貝などが無難なエリアで、サイズもそこそこで風をかわして潮も少し引いてくるので、いい時間帯がありそうです。

湘南もこのまま遊べるサイズが続きそうで、午後も風をかわしてショートでも楽しめる波があるんじゃないかと思います。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、日本海と南海上の低気圧が日本列島を挟むようにして東へと移動していき、午後9時にはこちらの気圧配置のようになります。

低気圧へと吹き込む南西の風が日中はやや強めに吹き、各地で雨となるでしょう。

久しぶりの南西の風となり、多くのポイントではオンショアベースの風となって波は荒れてきてしまう傾向に。

南西の風をかわす一宮周辺や千歳千倉では比較的できるかもしれませんが、ハードな感じになってるかも。

夜九時には既に低気圧は抜けて、いよいよ西高東低の冬型の気圧配置になってきます。

南西の風は明日の夕方あたりまで続きそうで、最近は日が暮れるのも早いことから、明日のうちに波が整ってくるのはあんまり期待できなそう。

土曜の朝は北ベースの風からのスタートとなりそうで、低気圧が残したうねりでサイズも十分ありそうなことから、

土曜の朝一は南向きのポイントがねらい目となり、いい感じの波が入ってるかも。

明日は早めに仕事を切り上げて、21時には寝るように仕事の段取りを今日から仕込んでおきたいですね。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/22
日の出:05:51 / 日の入:16:55
中潮
満潮:09:08(128cm) / 18:53(144cm)
干潮:01:42(24cm) / 13:28(106cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/22
日の出:05:54 / 日の入:16:58
中潮
満潮:09:26(127cm) / 18:57(138cm)
干潮:02:03(20cm) / 13:54(104cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/22
日の出:06:02 / 日の入:17:08
中潮
満潮:10:02(154cm) / 20:14(154cm)
干潮:02:48(34cm) / 15:06(116cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/22
日の出:06:10 / 日の入:17:17
中潮
満潮:10:53(164cm) / 20:50(160cm)
干潮:03:44(39cm) / 15:51(134cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/22
日の出:06:22 / 日の入:17:34
中潮
満潮:10:32(170cm) / 21:04(169cm)
干潮:03:26(37cm) / 15:48(122cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/22
日の出:05:51 / 日の入:16:48
中潮
満潮:08:19(123cm) / 17:56(153cm)
干潮:00:52(20cm) / 12:19(107cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.10.21

10/22 5:40T1622からの南西ウネリが続いている湘南にもまだ胸肩サイズが割れているようなので平砂浦へこちらも想定どおり胸肩サイズの波が朝一からブレイク、風も弱いオフショアで面もクリーン、水温もやはり温いセットはワイドに入[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.22

10/22 9:00 ASAS台風21号は日本の南を北北東へ20ktで進んでいる。中心気圧は925hpaで中心付近の最大風速は45msとほぼ強さと大きさを維持しながら昨日よりかなりスピードをあげて日本へ向かってくる。太平洋側に停滞する秋雨[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.22

10/22 3:00 地上天気図と波の概況昨日はるか南の海上にある低気圧について記載しましたが、早くも午前3時に台風26号に昇格しました。しばらく南の海上を西へ進む見込み。この時期になると偏西風が南下してきて台風の北上をブロックするような構[…]

OnThisDay-2019.10.22

気圧配置&天気と波情報 : 台風21号の動向にも注意午前3時の実況天気図 ASAS台風20号は昨夜に気象庁の予報通り四国沖で温帯低気圧にかわりました。今朝はその低気圧が日本の南海上を通過している最中です。関東地方は[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

高気圧からの東うねり
最新情報をチェックしよう!