寒気を伴った筋状の雲が太平洋側まで流れ込み~東海沖では西風が続く【2020.12.16】

おはようございます。はるべえです。

12月16日水曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

全国的に冬型の気圧配置が強まり、関東地方も寒い朝を迎えています。

風はそれほど強くは吹いてないのですが、今朝5時の鴨川アメダスでは1.8度。

内陸部では氷点下になっている地点もかなり多くなってます。

寒気を伴った筋状の雲は太平洋側までだいぶ広がってきました。

そんな冬型が強まった今日はどんな波になっているのでしょうか?

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

おはようございます。はるべえです。12月15日火曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。昨日は西~西南西の風からのスタートでその後風が変わる予想でしたけど、北風に変わるタイミングが予想よりもだいぶ早かったですね[…]

寒いけど朝一の波

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

オホーツク海にある低気圧は発達したまま勢力を維持しており、中心気圧は964hPa。

日本付近は縦じまの等圧線が7本かかっており、これぞ西高東低の冬型の気圧配置って感じですね。

等圧線がかかる本数と寒気の強さはかならず比例するという訳ではないですけど、真冬の強い寒気のときには等圧線が10本とか12本とか日本列島にかかるときもあります。

そして衛星画像。

昨日は太平洋側はまだ寒気を伴った筋状の雲が明瞭には見られてなかったですけど、

今日は北日本から西日本の大平洋側まで北西方向から流れる寒気を伴った筋状の雲があるのがわかりますね。

まだすこし雲の隙間が多いところもありますけど、これだけ寒気が南下しているということになります。

衛星画像

こちらはレーダーナウキャストの画像。

日本海側は雪、太平洋側は晴れという冬の天気分布が続いています。

レーダー画像

いつも冬型の気圧配置が強まって西うねりが反応するときに記載している、若狭湾~琵琶湖~関ケ原~伊勢湾~東海沖への流れで、今日は名古屋にも日本海からの雪雲が流れてきそうな状況です。

こちら東海地方のレーダーナウキャスト画像ですが、そんな雪雲が流れてきているのがわかりますね。

その風が東海沖にも流れているのもわかるかと思います。

レーダーナウキャスト

御前崎灯台の風を見て見ると、西風が10m以上の風がずっと続いています

海の安全情報
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

こちらは石廊崎の波浪観測データ。

低気圧へと吹き込んだ西南西の風から東海沖の西うねりによっていつもより高い波高が観測されていましたけど、今朝は昨日より波高は下がってます・・・

これから湘南は少しサイズ下がってくるのかもしれませんが、西うねりの反応は弱いながらも続く感じではないかと思います。

石廊崎の波浪観測データ

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/16
日の出:06:40 / 日の入:16:28
大潮
満潮:06:18(146cm) / 16:35(158cm)
干潮:11:16(94cm) / 23:50(-8cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/16
日の出:06:44 / 日の入:16:31
大潮
満潮:06:36(148cm) / 16:54(155cm)
干潮:11:42(91cm) / 00:00(cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

今朝の風と波の状況(千葉・湘南エリア)

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北西ベースの風ですが南部と北部では不安定な風向きに。

千葉南エリアは昨日よりも少しサイズダウンしてのスタートになっています。

鴨川マルキポイントは腿腰~セットで腹くらいでしょうか

風はそれほど強くない北~北西のオフショアで面はクリーンなコンディション。

潮が多い時間帯ということもあり、インサイドよりなブレイク多めですけど、たまのセットはライト方向に走れる波もありますね。

小ぶりなサイズですけど形よく割れる波もあり手前の波でショートライドは十分できます

昨日も午前9時頃は潮が引いてきて程よいサイズのライトの波がいい感じでブレイクしていました。

今日ももう少し潮が引いてきたらいい感じのブレイクになりそうですが、サイズ的にはちょっと物足りないかもしれません。

 

昨日の白渚ポイントは腰腹~胸くらいで朝はいい感じのコンディションでした。

https://twitter.com/asasfsas24/status/1338687235755896835?s=20

今朝も同じくらいのサイズがあるんじゃないかと思いますが、昨日よりも少しサイズ下がっている感じはあります。

それでもセットでは腰腹くらいはあって、小ぶりなサイズですけど形よくブレイクしています。

また潮が引いてくるとライト方向にいい波がブレイクしてきそうですね

平砂浦もセットで腰くらいはありそうで今朝も西うねりに弱く反応している模様。

湘南エリア

西うねりの反応が続いています。

だいたい西うねりのときにはそんなに大きなサイズアップまでには至らずに、腰腹~胸くらいの程よいサイズ感になるときがあるので、程よいサイズ感がお好きなアベレージサーファーには「うれしいうねり」だと思います。

そんな西うねりは今朝も程よく反応しており、鵠沼~辻堂あたりでは腰腹くらいの波がブレイクしているようですね。

今朝も十分遊べるコンディションですが、寒いので防寒対策はしっかりして楽しみたいところです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても同じように冬型の気圧配置が続きます。

午後は北風というよりも西~北西の風が吹くところが多くなりそうで、午後の方が風は強まってきそうです。

南向きのポイントではサイドの風の影響が出てきそうなので、この風が強まらないうちに入っておくのが良さそうですけど、

10時前には吹いてきそうな感じ…

早めに入っておくのが良さそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置24時間

こちらは明日の午前9時の予想気圧配置。

強い冬型の気圧配置が続きます。

明日の朝は氷点下になる地点も多くなりそうで、山間部では路面凍結などに注意が必要になりますね。

千葉沿岸部でも最低気温は0度予想となっており、布団からなかなか出られなくなりそうです。

朝から北西の風が吹き面はよいポイントが多くなりそうなんですが、千葉北エリアはこの北西からの強い風によって東うねりはサイズダウン。

明日は物足りないサイズ感な一日となってしまいそうです。

千葉南エリアでは今日吹いた南西~西うねりの反応もあり千葉北よりかはサイズのあるスタートとなりそう。

明日も朝一は潮が多い時間帯で割れにくい波が多くなりそうですが、潮が引いてくれば腰腹くらいの波は残るんではないかと。

風はオフショアですけど今日より強めに吹くかもですね。

湘南は今日の夕方も腰腹~胸くらいのサイズはあったようで、夕方は北風にシフトし波はまとまって日が暮れるまで遊べたようですね。

明日も西うねりが続いて今日より少しサイズ下がるかなといったくらいな感じ、遊べる波は十分ありそうです。

風も湘南は弱めの状態が続きそう、、、千葉よりも風は弱いんではないかと思います。

朝一から遊べる波はありそうですけど、とにかく外気が冷たそうなのでしっかり防寒対策して海に入るようにお願いします。

予想気圧配置48時間

こちらは明日夜9時の予想気圧配置。

引き続き冬型の気圧配置が続きますが、等圧線がすこし横になってきていて西から高気圧が張り出してきますね。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/17
日の出:06:41 / 日の入:16:29
中潮
満潮:07:03(142cm) / 17:14(154cm)
干潮:11:56(94cm) / 00:00(cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/17
日の出:06:44 / 日の入:16:31
中潮
満潮:07:20(144cm) / 17:31(151cm)
干潮:00:16(-6cm) / 12:20(93cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.15

12/16 3:00冬型の気圧配置が続く昨日まで千葉エリアではややハードなコンディションが多かったが、今朝はだいぶ落ち着き遊べるポイントが多い作田、片貝から一宮周辺では胸肩から頭サイズでオフショア弱め、しっかりとしたサイズで楽しめてい[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.16

12/16 3:00 ASAS冬型の気圧配置は緩み今日の日本付近は気圧の谷。日本海北部と銚子の東海上と四国沖の三ヶ所に低気圧のLスタンプ。今夜にかけては四国沖の低気圧が発達しながら前線を伴って東進してくる。夜には関東の南海上まで移動し明日[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.16

12/16 3:00 地上天気図と波情報全国的に寒さは和らいで北風も収まる日曜日です。高気圧にすっぽり覆われてますが西から天気は下り坂へ、関東地方も今夜から雨が降るところがありそうです。今朝の朝一は北から北西の風が弱めに吹いていて次[…]

OnThisDay-2019.12.16

気圧配置&天気と波情報 : 今朝も小ぶりな波からのスタート午前3時の実況天気図 ASAS冬型の気圧配置は緩み大陸からの高気圧に覆われてきています。この高気圧により広く晴れの地域が広がっていて、日中の気温も平年よりも少し高い[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

二十四節気と雑節

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気[…]

季節の移り変わりを感じる
東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

東海沖では西風
最新情報をチェックしよう!