週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

移動性高気圧による快適な秋晴れの2日目、後半は北東~東うねりの反応が良くなりそう【2020.10.21】

おはようございます。10月22日水曜日の気圧配置と風と波の状況です。

今朝も雲の少ないきれいな青空からのスタート、気持ちのいい朝を迎えました。

今日も高気圧に覆われて全国的に晴れのところが多く、最高気温も20度を越えるくらいの快適な陽気。

朝はだいぶ寒くなってきて布団から出たくない季節に入ってきましたけど、、、

日中は外に出たくなるようないい季節ですね。

今日の気圧配置と風と波:移動高気圧による晴れエリアは2日分

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

大陸から東へと進んできた高気圧は今朝は北日本に移動してきており、午前3時の気圧配置では中心がちょうど北海道にあります。

この高気圧は移動性の高気圧なので、このまま東へと移動してきます。

ちょうど2日分くらいの晴れを提供してくれる高気圧となりました。

移動性の高気圧に覆われたときには、この時期はこんなパターンが多くて、高気圧に覆われる2-3日くらい晴れとなりその後

天気は下り坂へと移行していきます。

今回もまさにそんなパターン。

既に中心が北海道あたりにあるということで、東日本と西日本は高気圧の後面(高気圧の左側の方)に位置するようになってきました。

今日はまだ晴れるところが多いですが、西から天気は下り坂の傾向となってきており、今夜には九州南部では雨が降りだすかもしれません。

そんな高気圧の中心から外に向けて時計回りに風は吹き出すように流れているので、今日も関東地方は高気圧から吹き出す北東の風が吹きやすい一日となります。

昨日よりも強めの北東の風となってきそうなので、千葉エリアのポイントはこの風の影響を受けやすい時間帯が多くなるでしょう。

千葉エリアにははるか東海上の高気圧からの東ベースのうねりの反応がベースとして続いていますけど、

今日はこの高気圧からの北東の風が、高気圧の南の海上にて1000㎞くらいに渡って吹いており、この海域では北東~東うねりが発達してきています。

昨日からそんな状態が続いており、この海域でつくられたうねりが今日は昨日より反応してきそうな状況に。

今日の後半にはこの北東~東うねりがもう少しサイズに反応してくるかもしれません。

台風17号は南シナ海を西へ

台風17号

昨日は台風17号が発生しました。

昨日の発生の時点ではフィリピンの東にありましたが、今朝はフィリピンを横断して南シナ海に抜けようとしているところ。

このまま南シナ海を西へ進む予想となっており、日本への影響はなさそうです。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。10月20日火曜日の気圧配置と風と波の状況です。昨日は一日どんより空模様が続いて南房総では夜まで小雨が降り続いた感じでしたが、今日は天気回復。日の出前の空はサムネイルに載せた写真のような空で、うろこっぽく[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西~北の風。

昨日も記載しましたけど、北西ベースの風が朝に吹く日が多くなってきて、冬の訪れを感じるようになってきています。

千葉エリアはこれから風がオフショアになる日が多くなりコンディションが整いやすくなってきますが、

朝一サーフィンのために起きるのがしんどくなってきましたね・・・

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは風は北からの弱い風。

面には影響なく今朝もクリーンなコンディションです。

東ベースのうねりが続いており、コンスタントに腹胸くらいのセットは入ってきているんですけど、今日も朝一は潮の多い時間帯。

大きめのセットになんとか乗れるくらいですけど、バックウォッシュも入ってボヨんボヨンとしてしまう海面。

テイクオフしてもかなりインサイドのブレイクとなっているので、早めにプルアウトしないと上陸してしまう感じのライディングです。

今日も潮が少ない昼の時間帯に入るのが良さそうですけど、昼に潮が引いたとしても潮位は100㎝弱はありそうなので、あんまり引かないですが、それでも引いてる時間帯に入ったほうが遊べるコンディションにはなりそうです。

潮が多い時間帯は右の方が割れやすいですね

潮が上げている時間帯に入るなら白渚のほうがコンスタントにブレイクする傾向が続いています。

東ベースのうねりなのでマルキよりもワンサイズ大きめのセットが入ってきており、胸肩くらいのサイズなコンディション。

朝の潮の多い時間帯は白渚のほうが乗れる波は多そうですが、もうサイドからの風が結構吹いていて乗りにくい波になってきてます。

サイズは十分でワイドなレフトの波が入ってきてますが、風の影響がこれから強く出てきそう。

千葉北

今朝も北西よりの風が吹いていることから一宮周辺でもできなくはないコンディションのようですが、昨日から吹き続いている風の影響もあり

まとまりのない波になっているようです。SNSでシェアしてもらった波を見ても、ヨレヨレな感じですが、まあなんとか出来るといった感じでしょうか。

北東の風が今日もベースなので、片貝エリアが無難な日が続きます。

他ポイントにくらべても波にはまとまりは出てミドルサイズの程よい波が今日も続きそうです。

飯岡までいくと少し物足りないサイズになってしまいそうですが、風の影響の少ない時間帯なら片貝~飯岡までのポイントでは

遊べる波が十分ありそうですね。

湘南

はるか東海上にある高気圧からの東うねりは南東よりにも入ってきており、その波が弱く湘南にも入ってきている模様。

昨日の朝よりも少しサイズはあるんじゃないかなと思いますが、鵠沼でも膝腿~セットで腰くらいな感じのようです。

今日も物足りないサイズ感にはなってしまいそうなので、ロングや厚めの板で入るのが良さそう。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

西から天気は下り坂、後半から少しサイズアップしてくるかも

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今日は布団からでれず二度寝してしまいましたので時間が無くなってしまいました・・・

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

後半~明日の朝にかけて東海上の高気圧からの東うねりが強まり反応してきそうです。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/21
日の出:05:50 / 日の入:16:56
中潮
満潮:07:59(138cm) / 18:22(154cm)
干潮:00:55(14cm) / 12:52(97cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/21
日の出:05:53 / 日の入:16:59
中潮
満潮:08:19(137cm) / 18:32(146cm)
干潮:01:16(12cm) / 13:19(94cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/21
日の出:06:01 / 日の入:17:09
中潮
満潮:08:56(168cm) / 19:41(167cm)
干潮:02:00(22cm) / 14:18(104cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/21
日の出:06:09 / 日の入:17:18
中潮
満潮:09:39(179cm) / 20:28(175cm)
干潮:02:52(26cm) / 15:00(119cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/21
日の出:06:22 / 日の入:17:35
中潮
満潮:09:27(185cm) / 20:25(185cm)
干潮:02:36(23cm) / 14:54(108cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/21
日の出:05:50 / 日の入:16:50
中潮
満潮:07:11(133cm) / 17:23(160cm)
干潮:00:06(12cm) / 11:48(101cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.10.20

10/21 3:00T1622からのウネリが反応している湘南では鎌倉から藤沢まで胸肩から頭サイズがブレイクしていて、冬型の気圧配置から北ベースのオフショアとなりどこでも出来ている千葉は東から南東ベースのウネリがメインだがこちらも肩から[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.21

10/21 3:00 ASAS台風21号は南大東島の南を北北東に8ktでゆっくり北上中。中心気圧は925hpaまで深めておりASAS上でもほぼ円形の整った形をしている。強風域が非常に大きく半径800km以上あることから台風の大きさの分類と[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.21

10/21 3:00 地上天気図と波の概況秋雨前線が東の海上にあり前線上にある低気圧が北東方向へ進んでいる。大陸に中心を持つ高気圧の張り出しが東日本から北日本まで広がってきて今日は全国的に晴れの天気に。ただ日本列島に沿うような感[…]

OnThisDay-2019.10.21

気圧配置&天気と波情報 : 今週は2つの台風に要注意午前3時の実況天気図 ASAS日本海に中心のある高気圧に北から覆われ南海上に前線が停滞するという気圧配置が続いています前線の南には台風20号が奄美大島の東の海上にあって北[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

秋晴れ2日目
最新情報をチェックしよう!