毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

4連休前半はサイズダウンで物足りない波、後半は北東の風と波が反応してきそう【2020.9.19】

南西の風波はサイズダウンが早い・・・

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。9月19日、4連休の初日の土曜日です。

昨日の千葉と湘南エリアは秋雨前線の南側に位置して、朝から南西の風がずっと強かったですね・・・

湿った空気で気温もあがり、そういえば今年の梅雨はずっと南西の風が吹いていたなあと、思い返していたところです。

その南西の風により昨日の後半は千葉南部と湘南をベースにサイズアップ!

昨日の鴨川マルキポイントも昼はぐちゃぐちゃな感じでほとんど無理でしたけど、夕方は風が西よりになってきて

少しだけまとまってきた感じもしましたが、サイズも胸肩~頭くらいあって波数も多くちょっとハード気味な感じでした。

湘南も昨日の後半は胸肩くらいまでサイズアップしていたので、今朝は期待のできそうな朝でしたけど・・・

サイズダウン早いっすね。

もう少し残るかと思ったのと今日の明け方まで南西が吹きそうだったので、朝一ではなく少し潮も引いてくる朝二くらいのタイミングで入るのがいいんじゃないかと昨日の記事では書いたんですが、、、サイズダウン早かったので朝一から入ったほうが良かったのかも・・・

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 朝から強い南西の風午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。9月18日の金曜日。南西の風が強い朝を迎えました。昨日の朝まで千葉・湘南エリアより南に位置していた秋雨前線ですが、千葉[…]

4連休前半の風と波

辻堂アメダスを見てみると、午前4時から北の風に変わったので面は良くはなってはきたものの、朝一で腰腹くらい、朝二だと腿腰くらいなサイズ感にダウンしてきている模様です。

千葉エリアは南西の風がこれだけ強く吹くと、どのポイントも悩ましいコンディションになってきてしまいます。

南西の風が強く吹いたときは、千葉南エリアの方がサイズはでますが、鴨川~白渚は風の影響でまとまりのない波。

千歳と千倉は風をかわしますが、オフショアに抑えられてサイズは物足りない感じの波に。。。

よくあるパターンとしては、南西の風が吹いて南向きのポイント(鴨川~和田・白渚+平砂浦)はジャンク気味ながらもサイズアップして、前線や低気圧が通過したあとの北よりの風になるタイミングがねらい目となりますが、

今回は千葉の南海上すぐのところに前線が停滞傾向であり、千葉南エリアはすんなり北風になってくれていません。

以下に掲載したアメダスを見ても、千葉北の一宮あたりまでは北東~東の風ですけど、千葉南の勝浦から鴨川・館山は南西の風になってます。

ということで、

今回は湘南はサイズダウンが早く千葉南では北風にシフトせずだらだら南西の風が続き、千葉北では南西の風波も入りにくく物足りないコンディションといった感じですね。

あと茨城の鹿嶋は既に北東の風が吹いています。

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは、千葉北は北東~東の風、千葉南は南西の風。

先ほども記載したとおり、秋雨前線が関東の南の海上すぐのところにあるようで、ちょうど北と南で風向きも異なっています。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは南西の風が時折やや強く吹きます。

昨日の夕方よりもサイズはダウン傾向ですが、他エリアよりもサイズはあるほうで朝はセットで腹胸くらいの波も入ってきていました。

まとまりのない波ながらも、少しサイズはあるので南西から斜めに入ってくるセットの波の切れ目から乗れれば、ライト方向を中心に走れる波も入ってきていました。でも途中でショルダー無くなってしまう波が多かったですね・・・

潮が引いてくるにつれて、セットがなかなか入ってこないようになり、ワンサイズくらい朝よりもダウンしている感じがします。

昨日の南西の風の影響なのか、少し水温が下がったようです。

裸で入ると海からの風もあり今日は寒いと思いますので、何か着たほうがよいでしょう。

千葉北

アベレージで膝腿~腰くらいのサイズ感で、九十九里から一宮周辺は南エリアよりもサイズ小さめ。

北東の風がところによりやや強めに吹いているところもあるようです。

湘南

先ほども書いたとおり、サイズダウンが早いです。

今クルマで向かっている方は、途中のすき家で牛丼食べてから行くではなく、ドライブスルーで朝マックにしておいたほうがよいでしょう。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

4連休後半は北東の風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては前線は南へと移動して西日本に中心のある高気圧に覆われてきます。

千葉北や湘南では北東ベースの風となりますけど、前線に近い千葉南エリアでは風はやや不安定となり、それほど強まらないかもしれません。

南西の風波は更にサイズダウン傾向となり、今日の後半は各ポイントで物足りないコンディションとなってきそう。

風の影響が少なくなってきそうなので、まだサイズが他よりかは少しある鴨川~白渚と潮が引いている時間の千歳などが、午後は良さそうです。

南海上に熱帯低気圧が予想されています。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は前線は南海上を少し離れていくため、千葉南エリアも含めて北東の風が吹きやすい一日となってきそう。

南西の風波はなくなり、東ベースの波へと戻ってきますが、波の反応は弱くて明日はあんまり期待できそうにありません。

片貝周辺などからチェックするのが良さそうです。

そして4連休後半ですが、

風はずっと北東ベースの風が吹きそうです。最終日の火曜のほうが強くなってきそうな感じ。

そしてこの北東の風が日曜から続くことにより、日本の東海上で北東の風波が発達してきそうです。

月曜から火曜の連休後半は、北東の風と波がメインとなってくるでしょう。

千葉北エリアは北東の波がどれだけ反応してくるか次第なところもありますが、まずは北東の風を軽減し波も反応しやすい片貝周辺からチェックしていくのが良さそうです。腰腹くらいのサイズがあれば遊べるコンディションとなりそう。

千葉南エリアへの反応は少し鈍いかもしれませんけど、北東の風を軽減する鴨川~白渚あたりが中心となるでしょう。白渚のほうが北東の風の影響を受けやすいので、北東の風が強くて波も少し反応しているなら、鴨川へ移動したほうが良さそうです

湘南は北東~東の波には反応しにくく、スモールコンディションとなってしまいそう。

熱帯低気圧からの波の反応はほとんど期待できないのではないかと思います。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

T1616 九州の西北東の風が強めに入り千葉は腰胸サイズ風の合うマルキなどでできていた模様平砂浦にはまだウネリ入らず。飯岡もヒザ腰。湘南は南から南西のウネリが反応し、腰腹サイズで楽しめていた。由比ヶ浜も腰前後。明日は[…]

IMG

9/19 3:00 ASAS台風18号は温帯低気圧となり北海道の北で再度発達過程となっている。2日間かけて日本列島を縦断し各地で爪痕を残す結果となった。本州付近は西から高気圧に覆われて秋の空。台風18号が残した南のうねりは昨日西から落ち[…]

IMG

9/19 3:00 地上解析図 / 48時間天気図日本海には高気圧があり東へ進む。この高気圧の等圧線がちょうど関東地方を通り東シナ海にある高気圧まで繋がっている。今日の天気図だけ見れば、太平洋側には目立った波源はなくなり、はるか[…]

気圧配置&天気と波情報 : 今日も北東の風が吹き続く午前3時の実況天気図 ASAS秋雨前線が南の海上に横たわって停滞しており、大陸に中心を持つ高気圧の前面が日本付近にかかってきています。また沖縄の南には先週からしばらく低気[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/09/19
日の出:05:24 / 日の入:17:40
大潮
満潮:05:22(164cm) / 17:44(158cm)
干潮:11:37(32cm) / 23:53(34cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/09/19
日の出:05:27 / 日の入:17:43
大潮
満潮:05:40(160cm) / 18:04(154cm)
干潮:11:59(27cm) / 00:00(cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/09/19
日の出:05:37 / 日の入:17:52
大潮
満潮:06:30(197cm) / 18:53(192cm)
干潮:00:22(47cm) / 12:44(34cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/09/19
日の出:05:45 / 日の入:18:00
大潮
満潮:07:14(215cm) / 19:37(210cm)
干潮:01:05(52cm) / 13:26(38cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/09/19
日の出:06:00 / 日の入:18:15
大潮
満潮:07:03(222cm) / 19:25(217cm)
干潮:00:54(47cm) / 13:15(35cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/09/19
日の出:05:21 / 日の入:17:38
大潮
満潮:04:31(164cm) / 16:53(156cm)
干潮:10:48(43cm) / 23:04(43cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

風波サイズダウン
最新情報をチェックしよう!