北東の風が冷たく気温が上がらない一日、防寒対策をして海に入りましょう【2020.12.2】

おはようございます。はるべえです。

12月2日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今朝もどんよりとした夜明けの空ですが、朝から西の空がオレンジな部分が多くなっています。

6時の気温は鴨川で11度くらい。もう少し気温低くなるかなと思ったのですが、10度は越えてきました。

今日はこのまま気温が上がらなくて、途中から雨が降るところもでてきそうで、寒い一日となりそうです。

海に入るときは防寒対策をしっかりとして入るようにしてくださいませ。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝は日本付近には高気圧・低気圧のそれぞれH・Lのスタンプが周囲にない気圧配置です。

これだけ日本付近にH・Lスタンプがない天気図もちょっと珍しいかも。

でもですね、東海から関東の沖合にかかっている等圧線が少しポコっと上に盛り上がってきてるのがわかるかと思いますが、

ここにもうすぐ小さな低気圧が発生する予想となっています。

すでにこの周辺には低気圧性の循環が見られており、高気圧の張り出した部分からこの低気圧になるエリアへと吹き込む北東の風、

今日もこの北~北東の風がやや強めに吹いてきます。

そしてこの低気圧の影響で関東地方は南部を中心に雨が降るところも出てきそう。

気温も上がらないし北東の風が冷たいし雨も降りそうなので、今日はしっかり防寒対策して海に入りたいですね。

関連記事

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってでもサーフィンします。 当然ながら、冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。[…]

冬のサーフィン防寒対策

今日も大潮回り。

朝一の時間帯がちょうど満潮時刻と重なって厚いブレイクが中心の波が多い朝の波ですが、

東~南東ベースのうねりの反応は弱く続いており、また北東からの風波も混じって反応してきているようで、遊べるサイズは十分ある千葉エリアです。

これから北東の風の影響が強くなってきそうなので、この風を軽減するポイントへ向かいこれから潮が引いてくる午前中のうちに入っておくのが良さそうです。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/02
日の出:06:29 / 日の入:16:27
大潮
満潮:06:07(142cm) / 16:42(149cm)
干潮:11:19(89cm) / 23:45(6cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/02
日の出:06:33 / 日の入:16:29
大潮
満潮:06:28(145cm) / 16:56(148cm)
干潮:11:42(90cm) / 00:00(cm)

参考)昨日の気圧配置と風と波

昨日の天気図と波情報

おはようございます。はるべえです。12月1日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今日から12月がはじまりますね。朝晩かなり冷え込み厳しくなってきました・・・11月の最終日の昨日は「穴あき雲」が話題になっ[…]

穴あき雲

今朝の風と波の状況(千葉・湘南エリア)

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北の風。

南部はまだそこまで強く吹いてないですけど、北部の方が北風が強くなっているようです。

今朝の鴨川マルキポイントは北からのオフショア。まだそれほど強くはないです。

満潮時刻と重なって潮が多いですが、セットで腰腹くらいの波は入ってきていて、いいポジションから乗れれば十分ライド可能な波。

ワイドなブレイクでインサイドよりで厚くなってくる波が多いですけど、全然遊べる波ですね。

和田浦は北東の風が既に強めに入っていて、面はザワザワしてまとまりのないブレイク。

白渚ポイントはセットは胸肩くらいで結構サイズのある波が入ってきてます。

こちらも北東の風で少し面がザワついてきてますが、レフトの波を中心に乗れる波はまだありました

この写真はかなりワイドなセットでしたけどレフトの切れ目からは乗れる波はありました

千葉北エリアは北~北東の風がやや強めに既に入っているようで、一宮周辺はサイズはセットで胸くらいはあるようですが風の影響がでてきているようです。

今日はこれからの時間帯も風の影響をくらってしまいそう。

片貝~飯岡までのエリアも朝のうちは北の風のほうが卓越しているので、今のうちに入っておいたほうが良いでしょう。

これから入るなら片貝周辺や吉崎~椎名内あたりまで北上したほうがよいかもしれません。

飯岡までいくとちょっとサイズが物足りなくなってしまいそうですね。

湘南エリア

今朝もサイズは鵠沼で膝腿くらいのスモールコンディション。

ロングや厚めの板を持参していけば、少し乗れる波もありそうですが、潮がもう少し引いたほうが全体的には良さそうです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波:明日は遊べる一日となりそう!

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

夜にかけては関東の沖合をこれから発生する小さな低気圧が東へとゆっくり進み、また北陸付近にも小さな低気圧が現れます。

今日はこの後午後にかけてもこの関東沖合の低気圧へと吹き込む北東ベースの風が続き、午後の方が強めに吹きてきそうです。

東ベースのうねりがそこそこ続いていることから、これから海へ向かうなら北東の風をかわす鴨川エリアか片貝エリアからチェックするのがよいでしょう。

その他ポイントでは北東の風の影響が大きくなり、波質はダウン傾向となってしまいそうです。

湘南は面はクリーンながら同じくらいのサイズが続いてしまいそう…

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は低気圧が東海上を離れていき、大陸からの高気圧に覆われてきますが概ね天気は回復傾向。

低気圧から離れて等圧線が縦にかかるようになり、明日は北西の風が吹きやすい一日となりそうです。

今日よりも風はオフショアとなるポイントは多くなり、多くのポイントで遊べるコンディションとなってくるでしょう。

遠ざかる低気圧からの東うねりの反応も良くなってくる見込み。

午後も北西の風のまま風は午前中よりも弱くなる可能性もあり、明日は一日を通して千葉エリアでは遊べるコンディションとなりそうです。

飯岡~九十九里~一宮周辺、夷隅~大原、勝浦エリア、鴨川~和田エリア、千歳・千倉まで、ポイント選んでいい波乗って楽しみましょう。

明日は今日よりも気温も高くなりそうです。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/03
日の出:06:30 / 日の入:16:26
中潮
満潮:06:45(140cm) / 17:11(147cm)
干潮:11:50(93cm) / 00:00(cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/03
日の出:06:34 / 日の入:16:29
中潮
満潮:07:09(143cm) / 17:23(146cm)
干潮:00:08(5cm) / 12:14(96cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.01

12/2 3:00東海上へ抜けた低気圧とはるか東海上の高気圧からの東から南東のウネリが反応し、千葉エリアは朝からいい波風も合うポイントが多く、一日を通してそれ程風の影響もなさそう、天気もよく平年並みの気温で今日は楽しめそうな一日にma[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.02

12/2 3:00 ASAS冬型の気圧配置は緩み西日本から高気圧に覆われてきている。500hpaでは先月の中旬あたりから寒気が居座る状況が続いており、今月もまだ当面少なくとも今月中旬まではこのような状況が続く見込みで500hpaでは-40[…]

IMG
OnThisDay-2019.12.02

気圧配置&天気と波情報 : 暖かい朝だけど雨風強まる午前3時の実況天気図 ASAS先週金曜から週末にかけて青空をもたらしてくれた高気圧は東の海上へ抜けていき、代わって西から低気圧が近づいてきています。今日はこの低気圧により[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

北東の風が冷たい
最新情報をチェックしよう!