北東の風をかわすポイントで腰~腹サイズの程よい波を楽しむ金曜日【2020.12.4】

おはようございます。はるべえです。

12月4日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今日は太平洋側は良く晴れますけど日本海側は雲が広がるところが多くなりそうです。

冬型がバッチリきまった感じの気圧配置ではないですけど、冬のお天気分布となり、これからこんな天気分布の日が多くなっていきます。

今朝の千葉エリアの気温は7度ちょっと。だいぶ冷え込んできましたけど、これからまだまだ冷え込んでいきます。

朝一サーファーの方は十分な防寒対策をして明日もいい波乗りたいですね。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝もシベリアにある勢力の強い高気圧からの張り出し部分が日本付近を覆っています。

大きくみると西高東低の気圧配置ですが、教科書的な冬型の気圧配置ではなくまだ北西の季節風もそれほど強くはありません。

シベリアの高気圧の中心気圧は1060hPaまで発達しており、東海上を遠ざかる低気圧の中心気圧は1000hPaなので、

高気圧から低気圧までは15本の等圧線がかかっていることになります。

日本付近にはやや波打った等圧線がかかっていますが、今日は昨日よりも斜めに等圧線が描かれており北~北東の風が吹きやすい気圧配置。

はるか東海上の高気圧と遠ざかる低気圧により東~南東ベースのうねりが反応し、また北東の風波も反応してきている模様。

サイズ的には昨日と同じくらいな感じで、アベレージで腹胸くらいはキープしそうな波はありそうなので、

今日も風向きと潮回りを考慮しての時間帯とポイントセレクトとなりそうです。

今日も朝一は満潮時刻と重なり潮が多い時間帯、日中は潮はあんまり動かないながらも昼前後の干潮時刻を挟んだミドルタイドの時間帯が比較的にはいい時間帯となるのではないかと思います。

冬らしく夜の干潮時には8cmまで潮位は下がります。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/04
日の出:06:31 / 日の入:16:26
中潮
満潮:07:26(136cm) / 17:42(143cm)
干潮:00:21(8cm) / 12:24(95cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/04
日の出:06:35 / 日の入:16:29
中潮
満潮:07:53(140cm) / 17:53(143cm)
干潮:00:44(5cm) / 12:50(100cm)

参考)昨日の気圧配置と風と波

昨日の天気図と波情報

おはようございます。はるべえです。12月3日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。昨日の千葉南部は夜まで小雨がパラパラと降っていましたが、日付が変わる頃には雨はやんでいました。今朝はまだ厚い雲に覆われてい[…]

北西オフショア

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

 

今朝の風と波の状況(千葉・湘南エリア)

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北の風。

鴨川マルキポイントも北からの風が吹いてますが強くは吹いていません。

北風ベースな日が続きここ最近はクリーンなフェイスが続いています。

今日も朝一は潮が多くて、砂がついている駐車場の正面からやや右のあたりにサーファーが集中してますね。

セットで腰腹くらいの波は入ってきてますが、かなりインサイドでワイドなブレイクが多いです。

潮が多い時間帯だと手前の早いブレイクとなってしまい、ポジションよいところで素早くテイクオフしないとなかなか抜けれる波がなくなってしまいますが、上手なサーファーはいいポジションからテイクオフ早く乗っていきますね。

白渚は北東の風の影響があって斜めから入ってくるブレイクです。

 

一宮はサイズは胸肩くらいで一番サイズの反応は良さそうなんですけど、今日は北から北東の風になり風があわなくて波質はイマイチな感じになってきているようです。今日はこのまま風の影響が出てしまいそうですね。

やはりこんなときは片貝エリアが無難なポイントセレクトとなり、今朝も風の影響すくなくコンスタントに腰腹サイズの波で十分遊べるコンディションに。

飯岡までいくとサイズが下がってきてしまうので、今日も片貝エリアからチェックしていくのが無難となりそうです。

湘南エリア

湘南は今朝は鵠沼でも少しサイズがあるようで、昨日からの東海沖の西うねりが少し反応したんでしょうか。

あんまり西高東低が強まらなそうだったのでチェックしていませんでしたが、西うねりが少し反応した残りか南東うねりの反応が少し良くなったかといったところですね。

腿腰くらいのセットが入ればショートでも遊べる時間帯もありそうなので、潮のいい時間帯に入るといいと思いますが朝一はちょっと潮が多めです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今日の千葉エリアは午前10時から北東の風が入りはじめてきたところが多かったようで、午後には東の風にまでシフトしてきたところが多かったようです。

 

多くのポイントで風の影響を受けてしまい、まとまりのない波になってしまいましたが、

東うねりが続いてサイズ的にはセットで腹胸くらいの波が続いたようです。

 

面がよくないながらもなんとかサーフィン可能って感じでしたね。

 

湘南も午後のほうが南東からのうねりの反応が良くなってきたようで、鵠沼ではセットで腰くらいのサイズにまでサイズアップしてきたようですね。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

週末なので今日の夕方の情報をベースに夜に更新します。

明日は移動性高気圧の中心が東海上を更に東へと離れていきます。

 

朝のうちは北西からのオフショアの風が入るかもしれませんが、関東地方は高気圧の後面に位置してきますので、南東~南の風が入りやすい気圧配置となってきます。

 

高気圧の南側で吹く東~南東の風により南東ベースのうねりの反応が今日よりも良くなってくるかもしれません。

 

朝一は今日の夕方と同じくらいで、東向きのポイントを中心に腰腹~胸くらいのサイズ感からのスタートとなりそうですが、朝一は潮が多い時間帯なので割れにくい厚めのブレイクとなりそうです。比較的割れやすいポイントで朝一に入るのがよいかもですね。

 

朝から南風が気になるくらいに吹いていたなら、一宮周辺や千歳・千倉エリアからチェックするのがよさそうです。

 

湘南も南東うねりの反応が今日と同じか少し反応よくなるかもです。南風が気になるかもしれませんが、ショートでも遊べるくらいの波がありそうなので、潮が引いている昼頃を中心に遊べる波があるかもですね。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/05
日の出:06:32 / 日の入:16:26
中潮
満潮:08:12(132cm) / 18:18(137cm)
干潮:00:59(13cm) / 13:05(98cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/05
日の出:06:35 / 日の入:16:29
中潮
満潮:08:41(135cm) / 18:28(137cm)
干潮:01:25(8cm) / 13:31(103cm)

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.03

12/4 3:00日本付近は移動性高気圧の後面にさしかかる九州の南部にキンクが見られこれから低気圧が発生し前線を伴って東進してくる西から天気は下り坂今朝の千葉はどこもいい感じ風は北西オフショアが弱めに吹いていて、サイズも昨日と同じ[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.04

12/4 3:00 ASAS昨日日本付近を覆っていた2つの中心のある高気圧は東の海上に抜けて今朝は南の海上に低気圧が東進中。東海上にも小さな低気圧が解析されている。総観規模でいうと気圧の谷となり明日からはまた強い寒気が流れ込む。大潮まわ[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.04

12/4 3:00 地上天気図と波情報高気圧の中心ははるか東海上にまで移動し太平洋側には南から南西の風が入りやすい気圧配置に。日本海には昨夜から低気圧が東進してきており、前線を伴って発達しながら東進を続けています。今日は高気圧から日[…]

OnThisDay-2019.12.04

気圧配置&天気と波情報 : 御前崎沖合の風を要チェック午前3時の実況天気図 ASAS今日は まさに西高東低の冬型の気圧配置。オホーツク海には低気圧が猛烈に発達しており等圧線の間隔が非常に狭くなっています。北日本までこの[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

うねりの向きを知っていい波をあてる

/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思います。このブログでは毎日の天気図や各種データを見て気圧配置の推移と風向きなどからど[…]

うねりの向き
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の満員[…]

波をつくるための風
腰腹の程よい波
最新情報をチェックしよう!