湘南と千葉南は西うねり~千葉北は東うねりで寒いけど遊べる朝一の波【2020.12.15】

おはようございます。はるべえです。

12月15日火曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

昨日は西~西南西の風からのスタートでその後風が変わる予想でしたけど、北風に変わるタイミングが予想よりもだいぶ早かったですね。

夕方には寒気がだいぶ南下してきたようで、千葉南部でもかなり冷え込み寒くなってきました。

今日から明日は昨日よりも更に寒くなる見込み、寒波襲来となり久しぶりの冬将軍がやってきています。

そんな冬型が強まってきた今朝の天気図をざっくり見ていきましょう

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

おはようございます。はるべえです。12月14日月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。先週からこちらのブログでもお伝えしていますとおり、本格的な冬を迎える1週間がはじまりました。まだこの時期は体が寒さ[…]

強い寒気

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

オホーツク海からカムチャッカ半島付近で低気圧が猛烈に発達しています。

低気圧の中心は960hPaで、シベリアにある高気圧の中心気圧は1048hPaとなり、90hPaちかい気圧差がある状況です。

西高東低の冬型の気圧配置。

衛星画像を見てみると、久しぶりに見ました、日本海の寒気を伴った筋状の雲

日本海や黄海には大陸から吹き出す寒気によってびっしりとこの筋状の雲が敷き詰められてますね。

昨日も記載しましたが、この筋状の雲が陸からすぐ近い海上で発生しているのがよくわかるかと思います。

強い寒気の吹き出しになればなるほど、陸上からすぐ近くの海上で雲が発達するようになり、この距離のことを離岸距離といいます。

衛星画像

そしてその筋状の雲は北日本では太平洋側まで見られてますね。

もう少し寒気が強まると関東から西日本の太平洋までびっしりと筋状の雲が敷き詰められますが、今日はそこまでには至っていません。

そしてレーダー画像を見てみてもまさに冬型の天気分布。

日本海側は広く雪が降っており太平洋側は晴れの対照的な空模様に。

レーダー画像

今回は結構強い寒気であり、東海沖へ抜き抜ける風の通り道にて、京都や名古屋まで雪雲が流れてくるかもしれませんね。

さすがに関東までには流れてこないのですが、名古屋は東海沖で吹く西風の通り道になっており、冬型が強まると雪雲が流れ込んでくることがよくあります。

ということで、今日の関東地方は北寄りの風が吹き続きます。

午後には千葉南部では西よりの風の影響がでてくるかもしれません。

  • 湘南と千葉南エリアは西ベースのうねり、千葉北には西うねりは入りにくく東~北東の波がそれぞれ反応しているようです。
  • 千葉北の東よりの波は今後オフショアで抑えられてきてしまうかもしれませんが、朝一は遊べるだけの波はありそうな状況。
  • 湘南は昨日よりサイズダウンしてますけど、また西うねりの反応が良くなってきそうです。

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/15
日の出:06:39 / 日の入:16:28
大潮
満潮:05:32(148cm) / 15:57(159cm)
干潮:10:35(91cm) / 23:09(-11cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/15
日の出:06:43 / 日の入:16:30
大潮
満潮:05:50(150cm) / 16:18(155cm)
干潮:11:02(88cm) / 23:34(-8cm)
週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

今朝の風と波の状況(千葉・湘南エリア)

アメダス

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北~西の風。

今朝の鴨川マルキポイントは北西の風が弱く吹いています。

波のサイズはセットで腰腹くらいな感じで面はオフショアでクリーンなコンディション。

まだ潮が多い時間帯の朝一はインサイドよりの厚い波が多いですけど、西から南西の筋張った波も入ってきており、これから潮が引いてくるともう少しコンディション良くなってきそうですね。

それでもセットは腰腹くらいでライト方向に走れる波はあって十分楽しめる波

風はほぼ無風になりました

 

白渚ポイントは腰腹から胸くらいのファンウエィブ!

こちらも波はまとまって朝一は少し物足りないサイズ感でしたが、サイズ持ち直してきた感じで程よいサイズでいい感じのブレイクになってました

ライトの波を中心にいい感じのブレイクでしたね、風もほぼ無風でそんなに寒さは感じません。

これからもう少し西うねりの反応が良くなってきそうな感じかも。午後も楽しめそうです。

 

千葉北には西うねりは入りにくいので東~北東の波が反応している状況。

一宮周辺ではセットで胸くらいのサイズ感はあるようで、サイズ的には十分あります。

九十九里エリアでも北西からのオフショアで波は整っており、今朝は遊べるポイントが増えてますね。

ただ東よりの波は北西の風によって抑えられてしまう傾向なので、午後はサイズダウンしてきてしまうかも。

湘南エリア

昨日サイズアップした南西~西の波は一旦サイズダウンしていますが、今朝は鵠沼で腰腹サイズをキープ。

御前崎灯台の風を見てみると、昨日の夜から一旦風は弱くなってきた傾向ですけど、これから再び西風が強まってきそうです。

海の安全情報
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

今のサイズ感はキープしつつ、午後はもう少し反応が良くなってくるかもしれません。

鵠沼で腰腹サイズあるということは、千葉南部の平砂浦もそこそこ遊べるコンディションになっているでしょう。

ただ平砂浦の午後は北西~西の風の影響受けてしまいそうです。

 

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては冬型の気圧配置が続きます。

千葉北エリアは北西の風が続き、東からの波は抑えれてサイズはダウン傾向となっていきそうです。

午前中までには入っておいたほうがサイズ的には良さそうです。

千葉南エリアも北西の風が続き概ねオフショアとなりますが、平砂浦など南の南のほうは午後は西風が入ってきそう。

西うねりの反応は午後にはもう少し良くなってきそうなので、午後も遊べる波はあるでしょう。

潮回りだけ意識しておいて、夕方はまた潮が多くなってしまうのでそれまでに入っておくのが良さそうですね。

湘南も午後にはもう少し西うねりの反応が良くなってくるかもしれません。

沿岸の風は弱い北からの風が続きそうで、面には影響がなさそう。

午後も遊べる波がありそうですが、昨日ほどまでにはサイズアップはしないんじゃないかと思います。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜のかけても冬型の気圧配置が続きます。

千葉北エリアの東寄りの波は北西の風によって抑えられてしまいサイズダウンとなってしまいそうです。

千葉南エリアは西うねりが反応するので、今日の午後と同じくらいなサイズはキープするのではないかと思います。

風は北西~西寄りの風が吹きやすく南へいけばいくほど風は強くなってくる傾向に。

湘南も西うねりが明日も続きそうです。朝一から十分遊べそうなコンディションとなりそうですが、午後は西よりの風の影響が出てくるかもしれません。

西うねりに反応する千葉南エリアや湘南の朝一は明日も遊べる波がありそうです。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/16
日の出:06:40 / 日の入:16:28
大潮
満潮:06:18(146cm) / 16:35(158cm)
干潮:11:16(94cm) / 23:50(-8cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/16
日の出:06:44 / 日の入:16:31
大潮
満潮:06:36(148cm) / 16:54(155cm)
干潮:11:42(91cm) / 00:00(cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.14

12/15 3:00昨日関東南岸を通過した低気圧が北海道の東海上で発達、冬型の気圧配置が強まっている日本海側は雪、太平洋側は乾燥した晴天に千葉エリア、昨日は夕方まで波数も多くハードなコンディションが続いたが今朝は落ち着いてきており、風[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.15

12/15 3:00 ASAS冬型の気圧配置だが等圧線の間隔は広くなってきており西から次第に高気圧に覆われてきている。フィリピン近くにある熱帯低気圧は台風26号に昇格ししばらく停滞する見込み、日本付近への影響はほとんどないと思われる。冬[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.15

12/15 9:00 FSAS24 予想天気図今回は明日の予想天気図をベースに記載。低気圧は東海上へ抜けて西から高気圧に覆われてきます。西から冬型の気圧配置は緩んできていて日曜日にかけて広く高気圧に覆われる見込みです。石廊崎沖合の風[…]

OnThisDay-2019.12.15

気圧配置&天気と波情報 : 湘南は一気にサイズダウン午前3時の実況天気図 ASAS低気圧が発達しながら東海上へ抜けていきました。大陸からは高気圧が南東進してきてますが、冬型の気圧配置です。冬型の気圧配置といえどいろんなパタ[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気象の数式と公式

「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1/その2)」では、気象に関する様々な用語と押さえておくべきキーワードについて、ざっくりな内容のみですが記事にしてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

天気と気象公式まとめ
アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン防寒対策

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってでもサーフィンします。 当然ながら、冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。[…]

冬のサーフィン防寒対策

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

寒いけど朝一の波
最新情報をチェックしよう!