週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

伊豆大島灯台の風向きが変わり西うねりの反応が良くなるかも⁈【2020.12.20】

おはようございます。はるべえです。

12月20日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新します。

 

冬型の気圧配置が昨日から再び強まっています。

日本海側では大雪が続いており、先日の関越自動車道の立ち往生のような交通障害も懸念されているところです・・・。

日本海から太平洋にかけても冬の雲がびっしり。

北西の季節風が全国的に強く、日本海側がジャンクでハード、太平洋側はフラットな冬の波分布。

そんな中でも唯一、湘南と千葉南エリアはそこそこサーフィンできる波があります。

湘南と千葉の海に通えるエリアにいるサーファーは、日本の中でも波に恵まれたところに居るんだなとつくづく実感しますね。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

おはようございます。はるべえです。12月19日土曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝は昨日よりかは朝一の気温もあがりましたけど、本格的な冬になってきましたね。まだ体が寒さに慣れてないこともあり、[…]

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日北日本から太平洋側へ抜けていった低気圧はカムチャッカ半島付近で発達を続けています。

今日も日本列島には7本の等圧線がかかり、北日本ではその間隔が狭く強い北西の風。

西日本へいくと少し等圧線の間隔は広くなっており、北日本ほど強くはなっていない様子です。

 

ここ最近は冬型が続いているので、衛星画像を見ないわけにはいきません。

こちら午前7時の画像。

日本海には寒気を伴った筋状の雲がびっしり、特に北日本の方が隙間なく敷き詰められている様子がわかります。

そして北西の季節風は太平洋側でも強く吹いており、三陸沖の大平洋でも筋状の雲がひろがっている状況。

ただ昨日よりも、大陸から日本海で筋状の雲が発生するまでの離岸距離は少し広がってきているようですね。

日本付近の大雪のピークは今日となりそうです。

衛星画像

 

そしてこちらはレーダーナウキャスト。7時20分時点のものです。

日本海側には筋状の雲が次々と流れ込んでいるのがよくわかります。

今回も新潟から群馬や栃木の山沿いにかけては大雪となっているようで、雪崩などにも警戒が必要です。

レーダーナウキャスト

 

そして波の方はといいますと、

以下はいつもこのブログで参照させてもらっている海の安全情報のサイトからデータは引用させていただいてます。
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/micsgis/sp/map.html#

まず御前崎灯台の風の様子はこちら

西の風が10m/s程度で昨夜から続いています。湘南や千葉南エリアに西うねりが反応するだけの風は吹いている状況に。

御前崎灯台の風

 

そしてこちらは伊豆大島灯台のデータ

昨日は東京湾で真正面から吹く東の風が吹いたこともあり、湘南は午後からサイズダウン傾向となっていました。

今朝の5時前までは東~北東の風が吹いていましたが、5時過ぎからは北西の風に変わってきていますね。

伊豆大島灯台

 

そしてこちら石廊崎の波浪観測データ

波高は1mを下回るくらいの状況が続いており、ここも伊豆大島付近の東の風の影響がでていたのかもしれません。

ですが東の風から北西の風にかわってきていることから、これから少し反応が良くなってくるのでは?

石廊崎の波浪観測データ

そんな感じで今日のあさいちは昨日と同じく西うねりの反応が鈍くなっている状態からのスタートとなりそうですが、

これから午後にかけては少し反応が良くなってくるのではないかと思われます。

午後にかけての湘南と千葉南エリアのサイズ変化に注目しておきましょう

 

こちらの記事には西うねりのときにチェックしておきたいデータを記載していますのでご参考に

関連記事

おはようございます。はるべえです。11月9日の週明け月曜日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。昨日の湘南エリアには南西の風波→西うねりが一日反応していて、腰腹サイズで十分遊べる波が入っていましたね。千葉[…]

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/20
日の出:06:42 / 日の入:16:30
中潮
満潮:09:07(127cm) / 19:20(124cm)
干潮:01:50(23cm) / 14:15(91cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/20
日の出:06:46 / 日の入:16:32
中潮
満潮:09:23(125cm) / 19:41(124cm)
干潮:02:20(23cm) / 14:36(88cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

今朝の風と波の状況(千葉・湘南エリア)

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北西の風。

アメダスでは勝浦が強い風が観測されていますね。

 

今朝の鴨川マルキポイントも北~北西の風。

昨日は白渚ポイントよりもワンサイズくらい大きいセットでまとまった波は入ってきていて、十分遊べるコンディションでした。

今朝は昨日よりワンサイズくらいダウンしてのスタート。腿腰サイズのブレイクが中心です。

白渚ポイントも同じくらいのサイズ感で、ちょっと物足りないくらいのサイズの波。

千歳ポイントも同じくらいでしょうか、潮が多いと割れにくい傾向が続きます。

平砂浦も西うねりは今朝は反応鈍くなっていて、膝腿~腰くらいなコンディション、これから少し反応良くなってくるかもですね。

 

千葉北エリアはこれだけ冬型が強まってしまうと各ポイントでは膝腿サイズの波が続いてしまいます。

一宮周辺でも膝腿、九十九里エリアでは脛膝~腿くらいとかなり物足りないサイズです。

湘南エリア

昨日の午後と同じくらいのサイズ感からのスタートの湘南エリア。

朝一の波は膝腿~腰くらいで、西うねりの反応は鈍い状態からのスタートです。

ただ先ほども記載したとおり、東京湾から相模湾にかけての東の風が弱くなってきていることから、

これから少し反応が良くなってくるのではないかと・・・

期待したいところですね。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけてもアリューシャン列島付近で低気圧がまとまって猛烈に発達してきます。

等圧線の向きからすると、ハワイのノースショアに向けてまた大きなうねりが数日後には届くのではないかと思います。

 

日本付近への北東うねりの反応はこの低気圧の形だとちょっと反応しにくいかもしれませんが、

千葉北や茨城エリアで今週前半に反応してくるかは少し気にしておきましょう

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

 

千葉や湘南は引き続き北西の風が続きそうです。

午後は西うねりの反応が少し上向いてくるかどうかをチェックしておきたいですね。

伊豆大島灯台の風が東に振れなければ、西うねりの反応は良くなってくるのではないかと思います。

湘南エリア、千葉南エリアでは午後のサイズ変化あれば、そこそこ遊べる波となってきそう⁈

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日のよるにかけてもアリューシャン列島付近では低気圧が猛烈に発達した状態。

ですが、日本付近の冬型は緩んできます。

 

今日の後半からは東海沖の御前崎灯台の西風もやや弱くなってきそうであり、明日は西うねりの反応が鈍くなってくるでしょう。

 

今日の午後に西うねりがどれだけ反応するか次第ではありますが、明日の朝は今日の夕方よりもサイズは落ちているはず。

明日も千葉や湘南エリアでは北西ベースの風が続きそうなので、波が残っていれば朝一から入るのが良さそうです。

午後にかけてはサイズは更に落ちてくるのではないかと思います。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/21
日の出:06:43 / 日の入:16:30
小潮
満潮:09:49(124cm) / 20:16(111cm)
干潮:02:30(37cm) / 15:23(88cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/21
日の出:06:46 / 日の入:16:33
小潮
満潮:10:04(121cm) / 20:42(111cm)
干潮:03:01(37cm) / 15:42(84cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.19

12/20 3:00千葉エリア、今朝もスモールコンディション昨日と同じくらいの膝から腰程度の力ないブレイク木曜日までは変化はなさそう木曜日に日本海を低気圧が東進、吹き込みの南から南西の風が強く吹きサイズアップ、ただしオンショアでジャ[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.20

12/20 3:00 ASAS昨日通過した気圧の谷は東の海上へ移動し日本の北東海上には低気圧がたくさん、等圧線の間隔は広くなっているが寒気は流れやすい状況に。南の海上には台風27号になるかどうかの低気圧が解析されている。この時期はさすがに[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.20

12/20 3:00 地上天気図と波情報北日本は冬型の気圧配置が続いてますが、西日本から高気圧の中心がゆっくり東にシフトしてきています。昨日は午後から南西の風が強まって湘南はいっきにジャンクアップしましたが、今朝は風がおさまりポイントに[…]

OnThisDay-2019.12.20

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS今日はいつもブログ書く時間帯にちょうどBillabong Pipe MastersのFinalが開催されていたため、簡易更新となります。これからSemi-Finalが[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気象キーワード1

サーフィンをする上で、海や気象の知識が必要となります。それは、このブログのテーマにもなっている、”いい波”に乗るために”、そして ”安全にサーフィンを楽しむために” も知っておいて損はないですし、ぜひ知っておきたい内容です。[…]

天気キーワード1
高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

西うねりの反応
最新情報をチェックしよう!