毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

北東うねりが続くも昼前から南東の風、明日は朝から大荒れ要注意【2020.4.17】

今朝の気圧配置と空模様 : 次第に雲が多くなる

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。
4月17日金曜日の朝となりました。

今朝は夜明け前は弱い雨。

どんより灰色の空でしたけど、すこし空が明るくなってきてからは雨はやんできて、

すこしモコモコした低層の雲は沖へと流され、6時半頃には晴れ間が多くなりました。

気温は8度くらいありますけど、少しヒンヤリした感じがします。

昨日日本海に中心のあった高気圧は中心を北日本あたりまで東へ移動してきています。

西日本は既に高気圧の後面に位置しており、東シナ海には前線が東進してきてます。

この前線が今週末土曜にかけて各地で荒れた天候をもたらすと予想されているものです。

先週末も発達した低気圧が週末に日本付近を通過して、荒天となった地域が多くなりました(その低気圧はまだアリューシャン付近にいて北東うねりを届けてくれてますけど)。

週末は荒れ模様に・・・気象災害には十分警戒必要

外出自粛のこんな状況なので、、、
こんな言い方がいいのかはわからないですけど、週末に天気がわるければ外に出るモチベーションも低くなる方が多くなると思うので、

今のこの状況ではちょうどいいのかもしれません。ただこの荒天によって災害が発生するなどになったら困りますので、

大雨や暴風、高波、低地の浸水や河川の氾濫、土砂災害などにも注意が必要な地域では十分ご注意ください。

コロナウイルスによる影響が世界を変えてしまったことから、

昨年に発生した台風15号や19号による暴風の被害や河川の氾濫などの災害のことがすこし忘れがちになってしまってますけど、

これからの季節はこんな災害がまた発生しやすい時季となります。

コロナによる緊急事態宣言の最中に自然災害が発生してしまったらひとたまりもありませんので、、、

この点も意識しておきたいところです。

昨日の記事はこちら

昨日の気圧配置と風と波

今朝の気圧配置と空模様 : 北東うねりが続くパターン午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。2020年4月16日木曜日です。今朝は薄い雲が多いながらも夜明けから晴れています。朝の気温は12度くら[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは西から北西の風。

昨日は昼前から東から北東の風へと変わり夕方までずっと続きました。

夜遅く22時ころからは北西の風へと変わり、今朝もまだ西よりの風が吹いています。

先週末に荒天をもたらした低気圧はいまアリューシャン付近まで移動、

昨日よりは勢力はやや落としてきたもものの依然として円形状の等圧線を形成しており、

この低気圧から日本付近へ北東うねりが送られてきています。

昨日よりサイズはすこしダウン傾向でセット間隔も長くなってきた感じはしますけど、
まだ反応は続いています。

昼前までは北から北東の風となり、昨日できていたポイントを中心にできそうな感じではありますけど、

関東地方も次第に高気圧の後面へと位置してくることで、昼くらいから南東の風へとシフトしてきそうです。

やや強めに吹いてくる時間帯がありそうで、面へ影響がでてしまいそう。

また朝は潮はほとんど動かず、午後から引いてくる潮まわりです。

今日の空と海 タイムラプス映像

別途更新します

※緊急事態宣言によりしばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えようと思います。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などを控えめにアップしていますので、よろしければチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

今後の気圧配置: 低気圧が陸上を通過するパターン

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけて、前線上に低気圧が発生し九州付近まで移動してくる予想。

東日本を覆っていた高気圧も東へとシフトしてきて、この低気圧が通過する明日の日中までは南東の風が吹くでしょう。

西日本では午後から雨となる地域が多くなりそう、東海から関東にかけても午後から雲が多くなり夕方から夜にかけて雨が降り出してきそうです。

後半になって低気圧が近づいてくるほど南東の風が強まってきます。

波のサイズはありますけど、南東の風で面が整わず次第に荒れたコンディションとなるポイントが多くなってきそうなので、十分注意が必要です。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は低気圧が日本列島をゆっくり縦断していきます。

関東地方は今日のよる遅くから雨が降り出し、明日の朝にはやや強い雨が降ってそうな感じ。

午前中から昼過ぎにかけてが雨のピークとなりそうですけど、南東の風もかなり強まってきそうです。

明日は朝から海は荒れたコンディションとなるので、県外から来る方はいないとは思いますが明日はやめたほうがよいでしょう。

低気圧が通過するのは夜になりそうで、明日の日が暮れるころまではずっと南東の風、

そして低気圧が通過したあとは南西の風へとシフトして強く吹いてきそうです。

今回の低気圧は中心が南海上ではなく陸上を
通過しそうなので、低気圧通過後も南からの風が続くでしょう。

そしてうねりも南からのうねりが反応してきます。

日曜は天気は回復しますが、朝まで西の風がやや強く吹きそうです。

南うねりは残り朝はハードなコンディションが続いている可能性があります。

西風から南西の風が終日吹きそうな感じで、風が合うポイントでは後半にはすこしまとまりがでてくるかもしれません。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/04/17)

4/17 3:00 ASAS https://t.co/VA0jto7cOP日本付近は夏のような気圧配置となり各地で気温もあがりよく晴れている。今週は日本付近を低気圧が次々と通過する一週間となりそう。今朝の千葉エリアはスモールコンデ[…]

IMG
OnThisDay(2018/04/17)

4/17 3:00 ASAS日本付近は高気圧の後面に差し掛かり天気は下り坂。沖縄の南には前線があって次第に低気圧を形成き日本の南岸を東進していく。西日本から雨が降り出し関東は夜から明日の昼にかけて雨になる見込み。今朝の千葉エリア[…]

OnThisDay(2019/04/17)

毎日の天気図と波情報4/17(水) 3:00 ASAS 今日の波と天気概況高気圧の中心が東へ移動して本州付近は高気圧の後面にさしかかっています。南西諸島付近には前線を伴った低気圧があり、これから発達しながらやや離れた海上を東進して[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/04/17
日の出:05:04 / 日の入:18:13
小潮
満潮:01:57(109cm) / 11:47(97cm)
干潮:07:30(88cm) / 19:13(41cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/04/17
日の出:05:06 / 日の入:18:16
小潮
満潮:02:18(114cm) / 12:09(103cm)
干潮:07:43(94cm) / 19:40(47cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/04/17
日の出:05:16 / 日の入:18:24
小潮
満潮:02:56(135cm) / 13:44(114cm)
干潮:09:04(95cm) / 20:29(53cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/04/17
日の出:05:25 / 日の入:18:32
小潮
満潮:03:51(142cm) / 14:46(117cm)
干潮:10:05(101cm) / 21:24(56cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/04/17
日の出:05:42 / 日の入:18:44
小潮
満潮:03:25(144cm) / 14:24(127cm)
干潮:09:24(99cm) / 21:07(56cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/04/17
日の出:04:57 / 日の入:18:13
小潮
満潮:01:16(105cm) / 10:00(102cm)
干潮:05:47(93cm) / 18:19(41cm)

こちらの記事がよろしければシェアをお願いします!

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!