毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

寒冷渦に対応した低気圧の動き遅く今日も南西〜西の風、低温傾向しばらく続く【2020.4.22】

今朝の気圧配置と空模様 : 上空で寒気がクルクル回る

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。
4月22日 水曜日の朝です。

今朝は薄い雲に覆われていて白が優勢な空模様。

昨日から吹き続いている南西ベースの風ですけど、
午前5時くらいではそれほど強くは吹いてなくて、ヘリポートの吹き流しは南からの風が少しあるくらいになびいています。

昨日から吹いている南西から西よりの風ですが、今日も終日続きそうな感じです。

気圧配置はといいますと、

相変わらずサハリンから沿海州あたりに中心のある低気圧が同じような位置にあり、動きが遅い状態が続きます。

これは上空に停滞する寒気の塊である寒冷渦に対応する地上の低気圧。

高層の天気図にはこの上空の寒冷渦はしばらく同じような位置にあることが予想されてます。

まあこの寒冷渦ってやつは、
上空の偏西風から寒気だけ切り離されてしまって同じとこでクルクル回っているような性質を持つものなので、
同じような位置にあるのは普通なことなんですけど

寒気が南下している状態が続いているということです。

なので、このいい季節なんですけど、週末にかけては寒く感じる日が多くなりそう😦

いわゆる寒の戻りですが、この時季としてはかなり長い寒の戻りとなってきそうですね。

平年ですともう連休前なら半袖で出かけることも多くなる頃ですけど、

今年の冬が暖かすぎた反動なのか、、、

いつも書いてますけど、地球は必ずバランスをとりにきますので、今この時季は寒くなるように地球の体温を調節しているのでしょう。

昨日の記事はこちら

昨日の気圧配置と風と波

今朝の気圧配置と空模様 :午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。4月21日 火曜日です。昨日は朝から夕方まで一日中灰色の雲に覆われてました。先週土曜日の低気圧のような激しい雨風ではなかったもの[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北部は北寄りの風が弱く吹いているようですが、

午前5時のアメダスでは千葉南部は勝浦と館山がすでに南西の風がやや強めに吹いています。鴨川だけは南東の風を観測しているようです

波は東ベースの波と南西ベースの波が混ざって反応しているような状況ですけど、千葉南部では南西からの波のほうが多くなってきています。

昨日吹いた南西の風の影響もあり、波の面はざわついてまとまりない状況。

海上でも南西ベースの風が強めに吹き続く予想なので、

波のサイズ的にはキープしそうですけど風の影響をうけてしまう南に開いたポイントではまとまりなくショルダーの短い波になってしまうでしょう。

石廊崎の波浪観測も一旦は落ち着いた南からの波はまた少し盛り返しているようにも見えます。

湘南もフラットにはなることはなく小ぶりながらもできるサイズはありそうですが、
南西からの風でまとまりないコンディションが続いてしまいそうです。

今日の空と海 タイムラプス映像

撮影時間:AM5:00~PM6:45

この日もサハリン付近に停滞する寒冷渦に対応した地上低気圧へ

南西から西の風が夕方まで吹き続けた一日。

10:00

しかし16時から北東の風に変わったとたんに、突然真っ黒なダークサイドにあるような雲が北から押し寄せてきて、それまで空を覆っていたきれいな巻積雲をぶち壊します。

12:00

躍動感のある黒い雲に覆われながら日は暮れていきます。

※緊急事態宣言によりしばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えようと思います。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などを控えめにアップしていますので、よろしければチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

今後の気圧配置: 同じような気圧配置が続く

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけてもサハリン付近にある上空の寒冷渦に対応した地上の低気圧があり、引き続き動きはゆっくりな状況が続きます。

夕方にかけても引き続き南西から西の風が吹き続く1日となりそうです。

風がかなり強まる地域もありそうです。北陸から北日本では寒気の南下にともなって日中は大気の状態が不安定となり雷雨に。この低気圧が停滞していると、同じような天気と風向きが続きます。

千葉エリアでは南西からの風波の反応がさらに良くなってきそうです。

風をかわすポイントではオフショア強めで比較的に面がまとまった波となりそうですけど、

南向きのポイントではオンショアのチョッピーなコンディションが続いてしまいそう。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日の夜の予想天気図もサハリン付近に低気圧の中心があって、日本付近は低気圧のLスタンプだらけですね。。。

関東の近くにも小さな低気圧があって、この影響が風向きに少し影響があるかもしれませんけど、

あすも日中は西よりの風がやや強めに吹く時間が長くなりそうです。

ただ今日の夜から朝一までは北西の風が吹きそうなので、あすの朝一には少しまとまっているかもしれません。

日中は今日と同じような感じのコンディションが続くのではないかと思います。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/04/22)

4/22 9:00 ASAS https://t.co/pVrUOSpAB4日本の南海上には前線を伴った低気圧があり東進中、また本州付近には別に2つの低気圧がありLスタンプが縦に並び日本付近は気圧の谷となっている。今朝の千葉エリアは全[…]

IMG
OnThisDay(2018/04/22)

4/22 3:00 ASAS今朝も日本付近は高気圧に覆われて良い天気。気温も上がり初夏の陽気でニュースには早くも熱中症が取り上げられている。今朝の千葉エリアは弱い風、すでに東のオンショアがはいりはじめているポイントもあるけど[…]

OnThisDay(2019/04/22)

毎日の天気図と波情報4/22(月) 3:00 ASAS 今日の波と天気概況大陸から日本海に高気圧が南東進しています。日本の南海上には前線を伴った低気圧があり陸上からやや離れたエリアをゆっくり東進中。三陸沖にも小さな低気圧があります。[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/04/22
日の出:04:57 / 日の入:18:17
大潮
満潮:04:07(131cm) / 16:35(132cm)
干潮:10:21(27cm) / 22:32(45cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/04/22
日の出:05:00 / 日の入:18:20
大潮
満潮:04:21(142cm) / 16:52(141cm)
干潮:10:38(29cm) / 22:50(51cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/04/22
日の出:05:10 / 日の入:18:28
大潮
満潮:05:13(161cm) / 17:37(161cm)
干潮:11:23(33cm) / 23:35(51cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/04/22
日の出:05:19 / 日の入:18:36
大潮
満潮:05:56(165cm) / 18:17(168cm)
干潮:12:04(35cm) / 00:00(cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/04/22
日の出:05:37 / 日の入:18:48
大潮
満潮:05:48(176cm) / 18:11(177cm)
干潮:11:57(31cm) / 00:00(cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/04/22
日の出:04:50 / 日の入:18:18
大潮
満潮:03:18(129cm) / 15:46(130cm)
干潮:09:34(30cm) / 21:41(51cm)

こちらの記事がよろしければシェアをお願いします!

二十四節気と雑節

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気[…]

季節の移り変わりを感じる
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

波の要素と種類

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181003/wave-4905/]今回からは風によって作[…]

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!