毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風10号の南東~南うねりが週末は反応しそう、台風9号の南西うねりも反応続く【2020.9.3】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

気圧配置と波情報 : 台風9号と10号の波の反応状況

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

大型で強い台風9号は勢力はほぼ維持しながら朝鮮半島の東岸沿いを北へ進んでいます。

気象庁の予報では午後にも温帯低気圧に変わる見込みです。

台風9号

昨日の記事に追記した部分と少し重複しますが、

台風9号が西にあり、東にはオホーツク海から南下してきた高気圧となって日本付近は等圧線が縦に描かれています。

東高西低の気圧配置となり、まさに冬型の西高東低とは真逆の気圧配置となるため、等圧線に沿って今日は南よりの風が強まりそうです。

台風9号からの南西うねりと、オホーツク海から南下してくる高気圧による北東~東うねりは今日も反応が続きそうですが、昨日の午後から南東よりの風が強まってきたり、今日も南風が吹き続きそうなので多くのポイントでまとまりのない波になってきそうです。

こちら石廊崎の波浪観測データ

昨日と同じくらいの波高をキープしており、周期も10秒程度の波が続いています。

石廊崎の波浪観測データ

台風9号からの南西うねりは昨日と同じくらいのサイズで今日も反応が続きそうです。

潮の動きによるサイズの変化もありそうです。

ただ昨日の朝一と違うのは南よりの風によりまとまりのないポイントが増えているというところですね。。。

千葉と湘南はまだ南寄りの風が朝はそれほど強くは吹いてなく、まとまりないながらもなんとか出来る波がありますが、伊良湖は南寄りの風が既に強めに入っていてジャンクなクローズアウト。

御前崎もまだ頭サイズのセットが入ってきていますが南東の風が強めに入ってほぼクローズアウトな状況。

こちらは屋久島の波浪観測データ

屋久島の波浪観測データ

昨日よりも波高はダウントレンドとなっていますが、まだうねりの反応は続いています。

和歌山の磯ノ浦は昨日よりも少しサイズダウン傾向?でも胸肩くらいのサイズは残ってそうですね、南よりの風でまとまりはなさそうな感じ。

今日はこの南よりの風の影響が強まるため、南の風をかわすポイントが中心のサーフィンとなりそうです。

週末は台風10号の南うねりが強まる

一昨日くらいから多くのメディアで危険な台風・未曾有の災害などのフレーズが飛び交っている台風10号。

当初の予想よりも西へややシフトしたコースが予想されています。

毎度記載していますが、台風情報コロコロ変わりますので常に最新のものをご確認ください。

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

台風10号

7日の月曜の午前3時には九州の西の東シナ海を北上する予想となっており、台風の進行方向の右側に位置する九州や中四国地方では大雨とともに暴風にも警戒が必要となってきそうです。

台風の風についてはこちらの記事を参考にしてもらえればと思います

関連記事

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています[sitecard subtitl[…]

まだこの台風10号の特徴が見えてませんが、九州に接近するころには猛烈な台風となっていることが予想されてます。

大きな被害が発生しないことを祈るばかりですが、今日明日で西日本にお住まいの方は台風への備えをしておきましょう。

そして太平洋側には新たに台風10号からの南東→南西のうねりがこの週末は反応してきそうです。

今回は西へ進みながらうねりが入ってくるので、まず反応してくるのは南東うねりです。台風が沖縄に近づいてきたあたりから南うねりへとシフトしてきて、東シナ海を北上すると南西うねりにシフトしてきます。

うねりの向きはそんなすぐには変化はなくジワジワとシフトしてくるような感じとなり、反応にはタイムラグがあります。

また台風9号のケースでは西日本から反応がはじまりましたけど、今回の台風10号は千葉以西の太平洋側ではほとんど同じくらいのタイミングで反応してくるのではないかと、、、

千葉・湘南は明日金曜中にはまだ10号からのうねりは入らないとは思いますが、それ以前に9号からのうねりがまだ残ってそうです。

土日は南東~南うねりがしっかりと太平洋側に反応してきそうで、再び大きくサイズアップしてくる可能性があります。

サイズのある波が続きます。

自身の技量にあったポイント選びをして、決してむりのないような行動をお願いします。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 朝一から南西うねりが反応午前3時の実況天気図 ASAS大型で非常に強い台風9号は東シナ海を北へ進んでおり五島市の南西約300㎞にあるところです。中心気圧は940hPa、中心付近の最大風速は秒速4[…]

湘南もサイズアップ

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南東~南の風。昨日の午後から南東ベースの風がやや強めに入った影響もあり、まとまりないコンディションが多くなっているようです。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは朝は小雨からのスタート。既に雨はやみました。

昨日は筋張ったセットが入ってきていたのですが、今朝は昨日の風の影響もあり波はヨレがはいりまとまりない感じのコンディション。

サイズはまだ胸肩くらいのセットが入ってきていますが、潮が多くて割れにくい時間帯です。これから潮が引いてくればもう少しサイズも出て割れやすくなってきそうですけど、今日は風の影響がありそうですね。。。

今日は人が少ないです。波が昨日に比べてイマイチな感じもありますけど、みなさん昨日のうちにだいぶいい波に乗ったからでしょうか?

コロナ前の平日の朝といった感じの人のまばらさです。

白渚も同じくまとまりのない波で風の影響が今後もありそうです。サイズは十分頭くらいのセットが入ってますけど、ちょっとハード気味な感じもしてこちらも今朝はガラガラです。

今日は南の風なので千倉や千歳に向かうのが良さそうですね。南西うねりを程よくかわして風も軽減できるので、周辺ではコンディション的には良さそうです。

平砂浦もまだサイズは十分な胸肩くらいの波があるようですけど、こちらも今日は風の影響が出てしまいそうです・・・

千葉北

千葉北は台風9号の南西うねりというよりも、北にある高気圧からの北東~東ベースのうねりの反応がメインとなっておりサイズも十分な反応。

九十九里から一宮周辺までは胸肩~頭サイズをキープして、今日もサイズは十分。

こちらも南寄りの風の影響が出てしまいそうなので、一宮周辺からチェックするのが無難でしょう。

サイズがあるので上級者の方は十分サーフィン可能なコンディションとなってきそうです。

南風ということであれば、茨城の鹿嶋も気になるところですが、まだ昨日までのジャンクな波が残っていてまとまりがなさそうな感じ。

今日これから南の風が続けば少し落ち着いてきて、まとまりが出てくるかもしれません。午後~夕方にチェックしてもよいかもしれません。

湘南

まだ風の影響がなく今朝も遊べる波が続いています。

頭サイズの波は入ってきてないようですけど、鵠沼や辻堂では胸肩サイズのセットは残っているようです。

南風の影響が出てくるとハードなコンディションにもなってきそうなので、風の影響がない早めに入っておいたほうがよいですね。

もしくは週末にまたサイズアップするので、今日はお休みでもいいかもしれません。

今日の空と海の注意事項は?

サイズのある波が続いています。

台風からのうねりはパワーもありブレイクするときのインパクトがちょっと違います。

またポイントによってはカレントも発生して流されてしまうことも多いので、海に入る前に自身の技量とあったコンディションなのかどうかをよーくチェックしてから入るようにしましょう。

ビギナーの方は今日はお休みしておきましょう。

台風のときにしか入らないポイントでサーフィンする方も多いかもしれません。リーフのポイントに行く方も多いかもしれません。

ポイント毎の特徴やカレント・リーフの位置・潮の状況による岩の露出、クルマを停める場所、などなど、普段以上にいろいろと気を付けないといけないことが多くなります。

その点を踏まえ、地元の方や警察・消防のお世話になることのないよう、改めて意識しておいておきたいですね。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 週末は台風10号の新たなうねり

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今日は多くのポイントで南風の影響が出てしまいそうです。

南の風を軽減するポイントへ向かうのがよいでしょう。

週末に新たなうねりが反応しそうなので、今日は体を休めてもいいかもしれません。

週末にむけての風と波

予想気圧配置48時間

前述したとおりの状況となって、台風10号からの新たなうねりが反応してきそうです。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

9/3 3:00 ASAS台風15号は日本の東を北北東に25kt、毎時だと45kmくらいの速さで進んでいる。昨日の早朝から予定どおり偏西風が台風を捕捉し流れに乗ってスピードをあげてきた。当初の予想されたコースよりも東を通るコースとなり、[…]

IMG

9/3 3:00 ASAS / FSAS24東日本から西日本にかかっていた秋雨前線は不明瞭となり、日本の東海上では2つの高気圧の間に前線が解析されていてる。台風21号は午前3時時点では935hPaで中心付近の最大風速は95KTと非常[…]

気圧配置&天気と波情報 : 東うねりが反応しやすくなりそう午前3時の実況天気図 ASAS秋雨前線は関東の東海上では不明瞭となっていますが、日本海側から東シナ海にかけて停滞傾向が続きます。太平洋高気圧の勢力がやや強まったのか[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/09/03
日の出:05:13 / 日の入:18:03
大潮
満潮:04:36(152cm) / 17:40(146cm)
干潮:11:12(25cm) / 23:22(60cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/09/03
日の出:05:15 / 日の入:18:06
大潮
満潮:04:53(150cm) / 17:53(147cm)
干潮:11:31(23cm) / 23:42(54cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/09/03
日の出:05:25 / 日の入:18:15
大潮
満潮:05:46(179cm) / 18:40(180cm)
干潮:00:00(76cm) / 12:14(35cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/09/03
日の出:05:34 / 日の入:18:23
大潮
満潮:06:33(193cm) / 19:21(195cm)
干潮:00:38(86cm) / 12:58(40cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/09/03
日の出:05:50 / 日の入:18:36
大潮
満潮:06:22(202cm) / 19:10(200cm)
干潮:00:31(78cm) / 12:46(38cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/09/03
日の出:05:07 / 日の入:18:03
大潮
満潮:03:41(160cm) / 16:54(148cm)
干潮:10:25(35cm) / 22:34(72cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

台風10号
最新情報をチェックしよう!