毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

千葉は北西オフショアで今朝も遊べる波!台風13号からのうねりの反応は?【2020.9.28】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

台風13号と高気圧の間で北東の波が発達

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。9月28日の週明け月曜日の朝です。

今朝も6時のアメダス気温を見てみると既に20度を下回る気温になっており、最近はもう寝るときにタオルケットだけでは寒いですね・・・

ヒンヤリした朝ですけど、シャキッとして空気の気持ちいい朝でもあります。

今朝は西の大陸から高気圧が張り出してきており、東には千島付近に台風12号から変わった低気圧を中心とした低気圧があって

一時的に西高東低の気圧配置になっています。

千葉エリアでも朝は西の風が混じった北風となっているところがおおく、オフショアとなるポイントが多い風です。

昨日はボクの中では想定よりも早く台風13号「クジラ」が発生しました。

台風13号は東海上を北北西に時速40㎞で進んでおり、明日の朝には北から次第に北北東へと進路をシフトしてくる気象庁の予想です。

大陸から進んでくる高気圧の影響もあり台風は日本付近には近づかずにそのまま東海上を離れていくコースとなるでしょう。

台風13号

この台風としてのうねりはあまり顕著には見られないような感じになりそうですが、

これから水曜あたりにかけて大陸から移動してくる高気圧が東海上へと移動し、その高気圧と台風13号の間で吹く北東~東の風により

北東~東うねりが発達してきます。

この高気圧と台風13号の間でつくられるうねりの反応が、明日後半から明後日あたりから出てきそう。

千葉エリアでは再び北東~東ベースのうねりによりサイズアップしてきそうな状況です。

今週も波はありそうですが、北東の風が強めに吹く日も多くなりそうなので、またまた北東の風を軽減するポイントが中心のポイントセレクトとなる日が多くなりそうですね。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

台風13号は東海上を北上コースか午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。9月27日 日曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。昨日は千葉南エリアの鴨川や白渚ではサイズも残り北東の風がやや強めに吹きましたけど午前中を中心に[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西ベースの風ですけど、千葉南部は不安定な風向。

でも7時前くらいから千葉南部は少し風が強くなってきた感じで、風の音が少し聞こえるようになってきました。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北~北西の風。やや強めに吹いてきており亀田病院ヘリポートの吹き流しも少し浮いてきた感じ。

しばらく続いている北東ベースのうねりはだいぶ落ち着いてきており、昨日よりもサイズは落ちてきていますがセットで腰腹くらいの波はまだ入ってきているようです。

ブレイクするときに波のトップがオフショアによりユラユラしてきているので、そこそこオフショアは強めに吹いています。

潮が引いてきている時間帯で割れやすいですけど、ワイドな波が多くて少し走れるくらいの波がほとんど。

今朝もサーフィンは可能ですけど、少し物足りなくなってきた感じですね。

白渚のほうがうねりの反応はまだよくて、マルキよりもワンサイズ大きめの腹胸くらいのサイズ感。

こちらは今朝も十分いい感じのコンディションが続きます。まだオフショアですけど、午後になると北東にまわりサイド気味になってくるので、

早めに入っておいたほうが良さそうです。

千歳も今朝は西よりの風が混じった北の風が吹いており、サイドオフで面はいいほうです。

千歳のほうが更にサイズはありそうで胸肩くらいのセットが入ってきていますね。

これから風の影響出てくるので、こちらも早めに入っておいたほうが良さそうです。

千葉北

今朝は北東うねりもだいぶ落ち着いてきて、しかも北西の風でオフショアベースの波。

やっと一宮周辺も入れるようになってきて朝は風もサイドオフにかわしており、胸肩~頭くらいのセットでそこそこいい感じのコンディションとなっているようです。

次第にこちらも北東の風にシフトしてきそうなので、北西の風のうちに入っておきましょう。

片貝から飯岡までの九十九里エリアも今朝はオフショアで面は整ってきており、十分遊べるコンディションが多くなってきています。

早めに入っておきたいですね

湘南

スモールサイズが続いていますけど、昨日より若干波はあるようで、鵠沼ではロングや厚めの板で遊べる波もありそうですね。

 

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

水曜いっぱいまで北東の風が続きそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては大陸から高気圧が東へ移動してきて、早々に西高東低の気圧配置は解消されます。

この高気圧の吹き出しにより昼からは北東の風へとシフトしてくるポイントが多くなりそうです。

今できているポイントでは北西→北の風のうちに入っておくのが良さそうで、午後は北東の風をかわすポイントへ移動したほうが面はまとまった波でサーフィンできるでしょう。

潮も午前8時過ぎくらいが干潮時刻なので、潮の上げ込みのタイミングだけど北東の風が吹く前が良さそうですが、ちょっと微妙なタイミングかもしれません。

とりあえず早めが無難ですけど、北東の風が強めに吹いてきたら片貝周辺や鴨川・白渚などのポイントが無難になると思います。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜には高気圧が東海上へと抜けていき、台風13号も北上。

その間で先ほども記載した北東~東うねりが発達するエリアができそうであり、北東うねり・風波が再び反応良くなってきそうです。

明日も朝から千葉エリアでは北東の風がやや強めに吹きそうで、この風をかわすポイントが中心のポイント選びとなるでしょう。

千葉北なら片貝周辺、千葉南なら鴨川~白渚などが無難です。飯岡や御宿も風をかわしますけどまだサイズは小さく物足りなさそう。

今日は一旦は落ち着いてきた北東うねりですけど、明日の後半あたりから再びサイズアップしてきそうな感じとなるでしょう。

風が合わないポイントも多くなりますけど、千葉は今週も波がある日が続きそうです。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

3:00 ASAST1617からの南から南西ベースのウネリが継続由比ヶ浜でも昨日から胸肩サイズがブレイク千葉は若干サイズ落ちた感じ。平砂浦で腰腹サイズ、一宮周辺はここ最近ずっといい波が続いている。飯岡も腰腹くらいか。T1617から[…]

IMG

9/28 3:00 ASAS本州付近は気圧の谷、温暖前線と寒冷前線を伴った低気圧が本州を東進中、関東地方は温暖前線の前面にあたり朝から大雨となっている。先ほど富津付近に記録的短時間大雨情報がでた。富津付近では道路の冠水や床上床下浸水なども[…]

IMG

9/28 3:00 地上解析図 / 24時間天気図秋雨前線上の低気圧は発達しながら北東へ進んでいる。昨日のFSAS24では南の海上の前線が途切れる予報であったが、今朝は低気圧から秋雨前線が台風24号付近までのびている。台風24号からのう[…]

気圧配置&天気と波情報 : うねりの方向の気圧配置に注目午前3時の実況天気図 ASAS南海上のフィリピンの東にある熱帯低気圧は、昨夜までに台風18号に昇格見込みでしたが午前3時の天気図ではまだ熱帯低気圧のまま。中心付近の最[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/09/28
日の出:05:31 / 日の入:17:27
若潮
満潮:01:30(125cm) / 15:26(137cm)
干潮:08:30(41cm) / 21:03(85cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/09/28
日の出:05:34 / 日の入:17:30
若潮
満潮:01:46(119cm) / 15:41(134cm)
干潮:08:49(37cm) / 21:17(79cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/09/28
日の出:05:43 / 日の入:17:40
若潮
満潮:02:57(147cm) / 16:23(167cm)
干潮:09:38(52cm) / 22:13(90cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/09/28
日の出:05:51 / 日の入:17:48
若潮
満潮:03:43(156cm) / 17:03(180cm)
干潮:10:23(58cm) / 22:52(104cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/09/28
日の出:06:06 / 日の入:18:03
若潮
満潮:03:33(168cm) / 16:51(186cm)
干潮:10:10(56cm) / 22:41(94cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/09/28
日の出:05:29 / 日の入:17:24
若潮
満潮:00:08(130cm) / 14:42(136cm)
干潮:07:36(46cm) / 19:58(96cm)

こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

台風の知識

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています[sitecard subtitl[…]

防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン防寒対策

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってサーフィンします。冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。また千葉・湘南目線でいえば北西のオフ[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

オフショア
最新情報をチェックしよう!