毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

鴨川マルキポイントでJPSAの大会が開催、東うねりのいい波入ってます!【2020.10.12】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

今週は高気圧の位置と熱低へ吹き込む流れに注目

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。10月12日 週明けの月曜の朝の気圧配置と風と波の状況です。

この週末は台風14号が千葉や湘南にエリアに接近することなく当初の予想より大きく南を通り更に南東へ進むという、

10月では異例のコースとなったことで、雨は断続的には降りましたけど強い降りが続いたという訳ではなく、

千葉エリアでも大きな被害は出ていない状況のようでホッとしているところです。

個人的にも台風が直撃するとかいう状況になってしまうと、かなりいろいろな対応を仕事でしなければならなくなるため、接近や上陸はご勘弁いただきたいという思いではありますけど、

今回の台風14号で三宅島地方では大雨の特別警報が発令されました。

土砂崩れで道が塞がったなどはあったようですけど、今のところ人的な被害はないとの報道がされており、こちらも被害なくよかったと思います。

さてそんな台風14号ですが、まだ台風としては維持しており、八丈島の南東海上を南へ進んでいます。

台風14号

このまま小笠原近海まで南下したあたりで熱帯低気圧となる予想がでていますね。

台風14号からの南よりのうねりはほとんど反応がなくなってきており、東うねりへとシフトしてきています。

石廊崎の波浪観測データでもだいぶ波高は下がってきている傾向です。

石廊崎の波浪観測データ

今週に注目したいのは、先週から北日本を中心に覆って東へと移動していった、
千島近海あたりにある高気圧と、これから週の中頃に大陸から東へ移動してくる高気圧です。

千島近海にある高気圧から台風14号の北側で東よりの風が強く吹くエリアが広くあり、ここで東うねりが生成されています。

千葉エリアでは今朝もまだハードなポイントが多くクローズアウトが多いですけど、湘南の今朝は膝腿くらいのスモールコンディション。

うねりのメインが東へシフトしてきたことを現わしています。

千島近海にある高気圧はこれから更に東へと移動して、カムチャッカ半島からアリューシャンへと中心を移動させていきそう。

この高気圧は勢力が強く明後日には1038hPaにまでなる予想となっており、高気圧の南側で東~南東の風が強く吹くエリアが広がる感じに。

ここで作られた東ベースのうねりが週の中頃まで入ってくるのと、その次にやってくる北偏する高気圧は横に長い楕円形をしていて

その前面では北東ベースのうねりが作られそう。
風はずっと北東ベースの風が続きそうですけど、東ベースのうねりは今週後半まで続きそうな状況がうかがえます。

今日から鴨川マルキポイントでは、さわかみチャレンジシリーズ鴨川 がはじまります。

コロナになってからサーフィンの大会はずっとキャンセルされてましたけど、コロナ対策を十分にしての久しぶりの大会の開催です。

マルキポイントは北東の風を軽減し東うねりにも十分反応することから、
今週はサイズも十分なオフショアベースいい波が続くことが期待できます。

ちょっと気になるのが、アリューシャン方面へ行った高気圧が縦に長い楕円形となりそうな感じになるということでしょうか。

もう少し横に広がってもらえると、東うねりが入りやすくなるんですけど、

まあ十分なサイズの波は届けてくれると期待しましょう。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

台風14号は南東へ進み熱帯低気圧へ午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。10月11日 日曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。当初は本州の太平洋側のどこかに上陸が予想されていた台風14号ですけど、本州への[…]

東うねりと北東の風

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北から北北西の風。少し風が強めに吹いています。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントはオフショアが強めに吹いており、

朝から東うねりが引き続き反応していてサイズも肩~たまに頭くらいのサイズも入ってきており、クリーンなフェイスのコンディション。

大きめのセットが入ってくると、オフショアで波のトップがブワっぁーってなる感じです。

昨日はマルキの駐車場の最前列では大会運営するための各種設営が行われており、

今日は駐車場は全て大会で使用されるため、一般サーファーは入れません。

午前6時くらいから大会関係者のアナウンスが流れるようになり、開始に向けて準備が進められているようです。

今日明日はロングボードの大会ということで、今朝海に入っている人はほとんど出場する選手の方のようで、ロングの方ばっかり。

当然ですけど、乗られる方は皆さんお上手でございまして、ウォーミングアップだと思いますけど、今朝も岩場のあたりからレフト方向に素晴らしいライディングを披露されています。

ロングなのに凄い鋭角なリッピングをされている方や、ゆったりしたスタイルで軽快なステップを踏まれている方など、

いい波で素晴らしいライディングが見れそうですけど、
今回は無観客の大会ということで一般の方はギャラリーとしてもたぶんダメなんじゃないかなあ?

ビーチに入れないような感じになると思われますので、お気をつけください。

まあ、ボクは仕事に行くので見れないんですけど、

さわかみ チャレンジシリーズ 鴨川 の全試合はABEMAで無料完全生配信されるので、今日は画面小さくしてこの配信をこっそり見ようかなと思っております・・・
JPSAホームページ
https://www.jpsa.com/
ABEMA
ABEMAの公式サイトはこちらから

その他の千葉南エリアのポイントはまだクローズアウトに近いハードなコンディションが続いています。

北風が強くてハード気味な感じなので、ビギナーの方はくれぐれも入らないようにお願いします。

白渚は北風が強めに入ってますが、上級者にとってはレフトのいい波がたまに入ってきています。

まだハードなコンディションなので、3人しか入ってませんでしたけど、良さげなレフトの波に乗ってましたね。写真は撮れませんでしたが動画はTwitterかFacebookに載せておきます

平砂浦も東うねりにシフトしてきてサイズはダウンしてきていますね。御宿や部原では多少サイズ抑えられてできそうです。

千葉北

千葉北もまだハードなコンディションが続いています。北~北東ベースの風が強く、片貝で入るのが今日は無難でしょう。

ちょっとサイズ的に厳しいかなと思ったら飯岡までいけば、サイズは抑えられますので移動するのが良さそうです。

湘南

今朝は東うねりへとシフトしてきていることから物足りないサイズにまでなってきました。

今日は厚めの板やロングなどで入ったほうが楽しめそうですね。鵠沼ではたまに腿腰くらいのセットは入ってはきているようです。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

こちらは台風12号のときの波の状況です。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

明日も東うねり+北~北東の風、いい波が続きそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけて、高気圧はカムチャッカ半島付近にまで中心を移動させてきますが東よりのうねりは続きそうです。
台風14号は小笠原近海で熱帯低気圧へと降格する見込み。

熱帯低気圧へと吹き込む北寄りの風の流れが続きそうで、前半のほうが風は強めに吹きそう、後半は少し落ち着いてくるかも。

東うねりが続き、北の風となるので、鴨川マルキや片貝ではサイズもあって風もかわすポイントとなりそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日もまだ南海上には熱帯低気圧がウロウロしそうで、流れとしてはこの熱帯低気圧へと吹き込む北寄りの風が明日も続きそうです。

今日の後半から明日の朝にかけては、風が落ち着いてきそうなので明日も鴨川マルキポイントでは東うねりが反応して、

クリーンなコンディションが期待できそうですね。

東うねりは少し落ち着いてくる傾向かもしれませんけど、北~北東の風をかわすポイントでは明日も十分なサイズでいい波になりそうです。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay-2016.10.11

10/12 3:00T1620からのウネリにより昨日からサイズアップ。千葉では南東から東のウネリをダイレクトに受け、今朝は肩頭からオーバーヘッドのサイズ。北から北西の弱い風が吹いており、クローズにはまだなってないものの、昨日までの北東[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.12

10/12 3:00 ASAS津軽海峡付近に中心を持つ低気圧がありそこから南西方向の日本海沿岸に沿うように寒冷前線がのびている。この寒冷前線はゆっくり南下しており夜には太平洋側まで到達する見込み。今朝の千葉エリアは不安定ながらも西から南[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.12

10/12 3:00 地上天気図と概況低気圧が北海道の南東海上にあり寒冷前線が本州に沿う形で沖縄付近までのびている。大陸に中心のある高気圧が東に勢力をのばしてきており、まだ本格的なものではないけど西高東低の気圧配置に。全国的には北寄[…]

OnThisDay-2019.10.12

気圧配置&天気と波情報 : 河川の氾濫による洪水にも厳重警戒本日はこちらの記事でも随時更新していきます。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/2019101[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/12
日の出:05:42 / 日の入:17:08
長潮
満潮:14:18(132cm) / 00:00(cm)
干潮:06:32(46cm) / 20:02(100cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/12
日の出:05:45 / 日の入:17:11
長潮
満潮:14:43(135cm) / 00:00(cm)
干潮:06:54(36cm) / 20:30(97cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/12
日の出:05:54 / 日の入:17:20
長潮
満潮:00:21(129cm) / 15:01(157cm)
干潮:07:35(58cm) / 21:02(104cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/12
日の出:06:02 / 日の入:17:29
長潮
満潮:00:58(136cm) / 15:58(171cm)
干潮:08:32(65cm) / 21:58(117cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/12
日の出:06:15 / 日の入:17:45
長潮
満潮:01:07(147cm) / 15:25(173cm)
干潮:08:11(64cm) / 21:23(112cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/12
日の出:05:41 / 日の入:17:02
長潮
満潮:13:52(129cm) / 23:13(120cm)
干潮:05:42(47cm) / 19:09(111cm)

こちらの記事も合わせてご覧ください!

地形と波のブレイク

波はどうして崩れるのか?前々回のこちらの記事にて波の発生から終わりまでについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-509[…]

海底の地形と波アイキャッチ
気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

台風の知識

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

波の要素と種類

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181003/wave-4905/]今回からは風によって作[…]

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

東うねりのいい波
最新情報をチェックしよう!