週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

千葉は東うねりで湘南は西うねり、程よいサイズで秋晴れの気持ちいいサーフィン!【2020.10.25】

おはようございます。10月25日の日曜日の気圧配置と風と波の状況です。

今朝も雲がやや多いものの良く晴れて気持ちのいい朝を迎えた日曜日です。

この週末は気圧配置としては冬型となっていますけど、まだこの時期の冬型の気圧配置ゆえにそんなに冷え込みもなく、

北西からの季節風も強く吹かず

昨日も良く晴れて風も弱く、波もそこそこいい感じでいい週末土曜日となりました。

今日もいいお天気が続きそうですけど、冬型の気圧配置により東よりのうねりはサイズダウン傾向となります。

それでは今日の気圧配置を見ていきましょう。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

相変わらずサハリン付近には寒気を伴った低気圧が居座り続けており、中心気圧は988hPaでほぼ停滞。

昨日よりかは少し勢力は弱まってきたものの、南海上で発生している2つの台風よりも中心気圧は低い状況です。

先ほど4時半ころくらいでしょうか、フィリピンの東に台風18号が発生しています。

昨日の段階から熱帯低気圧として解析されており、1日以内に台風に昇格する見込みであったことから、

気象庁の台風情報でも既に予想進路図は掲載されていたものです。

日本への影響はなさそうで、フィリピンを横断して南シナ海へと台風17号と同じような進路を進むことになりそうです。

台風18号

日本付近の気圧配置に戻りますと、、、

サハリン付近には低気圧で大陸には高気圧があり日本列島には等圧線が6本か7本くらい日本海から太平洋側に斜めにかかっています。

北日本が中心となる西高東低の気圧配置で、衛星画像を見ても北日本の日本海側には日本海上で発生した雲が流れてきているのがわかります。

衛星画像

この気圧配置になると日本付近では北西~西の風が吹くようになることから、

はるか東海上の高気圧などからつくられる東ベースのうねりは進行方向とは逆の風が吹き続くことにより、波は抑えられてしまいます

現に、昨日まで千葉エリアにしばらく続いていた東ベースのうねりも昨日から海上で吹き続く北西~西の風によって今朝はサイズダウン傾向。

冬になると関西のサーファーは日本海側へ向かいますが、これは冬になると太平洋側の和歌山や伊勢などのポイントは

この北西からの季節風により南~東の波・うねりは抑えられてしまいフラットになってしまう日が多くなってしまうからです。

千葉エリアは北よりのうねりにも反応するのでフラットが続くということはないですし、湘南は冬型になると西うねりが反応してくるので

冬の間も波はコンスタントにあるエリアです。

関連記事

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

こんな感じで、季節毎の気圧配置の推移によって波のあるエリアも変わり、それによってサーファーの行動も季節や気圧配置によって変わってきます。

関東のサーファーは四季を通じてコンスタントにあるエリアに通えることから、とりあえず千葉に行けばどこかしらでサーフィンできる日がほとんどですけど、

関西サーファーはその日にどこで波があるのかを予めちゃんと知っておかないと、3時間かけて海に行ったとしてもフラットで近くに波があるエリアがない、なんてことになってしまうので、より気圧配置と波のあるなしには敏感なんじゃないかと思います。

関連記事

大阪市内から週末に通える海前回の記事では、都内に住んでいると仮定して関東地方で週末に通える千葉、茨城、湘南の各エリアの概要について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

アイキャッチ画像

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。10月24日の週末土曜日の気圧配置と風と波の状況です。昨日は低気圧が通過した影響でどんより雨の一日となりましたが、千葉と湘南の今日は少し雲はあるものの気持ちのいい晴れた空が戻ってきました!なんです[…]

西うねりに注目

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西の風。

今朝もオフショアベースの風が千葉エリアには吹いていて、オフショアで面が整っているポイントが多くなってそうですけど、

先ほども書いたとおり北西~西の風により、今まで続いていた東ベースのうねりは抑えられてきている状況です。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントも北西からの風で時折やや強めに吹いてきます。

昨日よりも東うねりはダウン傾向となり、サイズ的には腰~腹くらいなブレイクでしょうか。

今日も朝の方が潮が少ない時間帯で昼過ぎにかけて潮が上げてくることから、朝一から早めに入っておいたほうが良さそうです。

白渚も同じくサイズは昨日よりダウン傾向。こちらも腰腹くらいの波が反応しておりサーフィン可能なコンディションではありますけど、

ちょっと物足りない感じにもなってきてしまいましたね。

昨日の記事にも書きましたけど、西高東低の気圧配置になることで、東海沖で西よりの風が強まり西うねりが発達します。

後に記載する湘南にも西うねりが反応してきているようですが、そんなときは平砂浦にも西うねりが反応してきます

今朝はその西うねりにより平砂浦でもサーフィン可能な波がブレイクしているでしょう。

湘南の由比ガ浜でも腿腰くらいのサイズがあるようなので、平砂浦でも同じくらいかワンサイズ大きめの腰腹くらいのサイズの波がありそうです。

千葉北

昨日よりも東うねりは抑えられてサイズはダウン傾向ですが、今朝も北西からのオフショアベースの風。

九十九里から一宮周辺まではアベレージサーファーには程よいサイズ感の腰腹~胸くらいのサイズ感で、今朝もいい感じのスタート。

風も弱いオフショアで面も整ってきており、朝からいいお天気でサーフィン楽しめそうです。

一宮周辺は九十九里エリアよりもワンサイズくらい大きめのセットが入ってきており、セットで胸肩くらいのいい感じのコンディションになっているようですね。

今日の朝一はやはり各ポイントで十分遊べるコンディションとなっているようです。

湘南

昨日の記事にも書きました西高東低の気圧配置により東海沖の西風が強まって西うねりが発達。

昨日の後半から今朝にかけて、湘南にも西うねりが反応してきたようです。

冬になると東海エリアのアメダスを見る機会が多くなります。

アメダス風東海

こちらを見てもわかるように御前崎のアメダス風向は西の風が10m/sで観測されていますね。

この東海沖でつくられた西うねりは少しまわりこんで湘南エリア、特に東のエリアを中心に反応してきます。

今朝の西うねりはそんなに強いうねりではなく、湘南エリアのサイズの反応もそれほどサイズは出ていませんけど、

鵠沼や辻堂でも腰腹くらいのサイズで今朝も遊べるコンディションからのスタートです。

この西うねりが反応するタイミングを知っておくと、冬の湘南でいい波をあてる確率はグンッとと上がります。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

西うねりはサイズダウン~東うねりが何とか続きそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、サハリン付近にあった低気圧は東へとゆっくり移動してオホーツク海あたりにまでシフトしてきます。

まだ北日本は風が強い状態が残りそうです。

東日本や西日本は等圧線の間隔も広くなってきて、穏やかに晴れが続きそう。

今日も外に出たくなる陽気となりそうです。

千葉エリアは東うねりは抑えられてきて後半にかけてもう少しサイズはダウンしてくるかもしれません。

潮が上げてくる時間帯なので千葉南エリアのポイントでは割れにくい時間帯にもなってきますので、潮が上げきらない午前中早めの時間帯に入っておいたほうが遊べる波はあるでしょう。

千葉北は朝よりも少しサイズはダウンしてきそうですけど、一宮周辺などは午後も腰腹~胸くらいはコンスタントにありそうなので、

午後も十分遊べそうですね。

湘南に反応している西うねりも西高東低の気圧配置が解消していくにつれダウン傾向。

よって湘南エリアもサイズダウン傾向となるので、同じく早めに入っておいたほうが良さそうですね。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、北日本の冬型も解消してきて、日本列島には等圧線がかからない予想気圧配置です。

全般的に風の弱い状態にはなってきそうですで、朝は北寄りの風が吹きそうなんですが、

関東の沖合には小さな低気圧性の循環がありそうで、昼過ぎからは北東から東の風にシフトしてくるかもしれません。

そんなに風の影響はなさそうな感じではありますけど、東うねりが何とか反応するくらいな波となりそう。

朝一に風の影響がなさそうであれば、今日の夕方までサイズが残りそうな一宮周辺などが比較的無難に遊べるコンディションになるかもですね。

風の影響がありそうなら片貝エリアなどへ向かうなどすれば、少し物足りない感じかもしれませんがサーフィンは出来るでしょう。

湘南に反応している西うねりはサイズダウンするので、明日は物足りないコンディションになってしまいそう。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/25
日の出:05:53 / 日の入:16:52
小潮
満潮:13:33(126cm) / 23:32(112cm)
干潮:05:30(55cm) / 19:16(103cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/25
日の出:05:57 / 日の入:16:55
小潮
満潮:13:53(122cm) / 23:45(106cm)
干潮:05:48(50cm) / 19:33(98cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/25
日の出:06:05 / 日の入:17:05
小潮
満潮:14:26(149cm) / 00:00(cm)
干潮:06:47(68cm) / 20:36(106cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/25
日の出:06:13 / 日の入:17:13
小潮
満潮:15:29(163cm) / 00:00(cm)
干潮:07:48(73cm) / 21:52(117cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/25
日の出:06:25 / 日の入:17:31
小潮
満潮:00:03(143cm) / 14:55(165cm)
干潮:07:26(72cm) / 20:56(112cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/25
日の出:05:54 / 日の入:16:45
小潮
満潮:12:49(121cm) / 21:31(116cm)
干潮:04:27(52cm) / 17:24(108cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.10.24

10/25 3:00移動性の高気圧に覆わている夜にかけて高気圧は東に進み、西から気圧の谷が接近してくる最低気温も一桁になるようになってきた、よく晴れた日は放射冷却で冷えるようになる。今朝の千葉は風も北西よりで弱いところもが多く、片貝[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.25

10/25 3:00 ASAS日本付近は気圧の谷。東西の高気圧の間に位置し南の海上には等圧線が盛り上がる部分があり潜在的な低気圧がある。関東地方の今日は冷たい雨となり12月の陽気に。元台風21号はアリューシャン付近まで移動し936hpa[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.25

10/25 3:00 地上天気図と波の概況日本付近は気圧の谷から高気圧の前面に差し掛かってきました。前線上に発生した低気圧は東の海上に抜けて北東へ進んでいます。マリアナ諸島付近の台風26号は勢力を強めて北西に進んでいます。東の海上に[…]

OnThisDay-2019.10.25

気圧配置&天気と波情報 : 波浪と大雨の警報が発令中午前3時の実況天気図 ASAS台風21号は強い勢力で日本の東海上を北東へ進んでいます。中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は秒速40mとなり、風速25m以上の暴風域[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。今年2018年は例年よりもかなり水温は暖かく、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続いています。[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

気持ちいいサーフィン
最新情報をチェックしよう!