週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

明日にかけて時計回りに風向きが変化、はるか南海上には台風19号が発生しそう【2020.10.28】

おはようございます。10月28日水曜日の気圧配置と風と波の状況です。

今日は朝起きて外を見てみると、雲がほとんどない真っ青な空でした。

日の出時刻も遅くなり、また日の入りの時刻も昨日の千葉南部では17時10分にはもう真っ暗になっていました。

海に入れる時間が少なくなってきてしまいましたが、、、季節が進んだことを感じられます。

水温もだいぶ冷たくなってきています、既に準備されている方も多いと思いますけど、これから冬のシーズンも海に入るという方は

いろいろと防寒対策の準備をしておきたいですね。

関連記事

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってサーフィンします。冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。また千葉・湘南目線でいえば北西のオフ[…]

ボクもシーズンオフの間にブーツを買い替えようと思っていて忘れてしまいましたので・・・

今週末あたりに購入しようかと思っています。

今日の気圧配置と風と波:時計回りに風向きが変わりそう

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

日本付近をすっぽり覆っていた高気圧は北日本から太平洋へと抜けていっているところであり、

その後ろの西側からは気圧の谷が東へと移動しています。

この気圧の谷の影響で北陸から北日本では天気は下り坂となってきますが、東日本から西日本にかけては晴れるところが多くなりそう。

最高気温は20度ちょい上回るくらいと、快適な陽気が続きます。

今日の風は、先ほどの北日本の気圧の谷が東へ移動してくることにより、後半になるとこの気圧の谷へ向けての風向きへ変わってきそう。

前半は高気圧と東海上の低気圧との間で吹く北東ベースの風が流れ込みやすく、昼頃までは北よりの風が吹きそうですが、

気圧の谷の東進により午後は東~南東の風にかわり、夜には南西の風までシフトしていきそうです。

今日の波は東海上の高気圧と低気圧の間で吹く北東の風により作られた波がベースで反応し、

もう少しサイズ反応してくるかと思ったんですけど、まだそんなに反応はしていなく、

でも昨日よりかは千葉エリアの各ポイントにおいてワンサイズくらい大きいセットが入ってきているようです。

そして南海上に目をむけると、新たに24時間以内に台風に昇格するであろう熱帯低気圧が予想されています。

11月にせまってきたこの時期なので、日本に近づくことはなく西へと進む予想です。

熱帯低気圧

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。10月27日の火曜日の気圧配置と風と波の状況です。昨日も秋晴れのいいお天気となって、海に浮かぶ雲がとてもきれいな光景が見れました。やっぱりこの時期は快適で外にでるのが気持ちいいですね。ただ冬に近づいてきたため[…]

秋晴れ続く

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北寄りの風が吹いており、勝浦のアメダスは4m/sが観測されていますけど、

朝はそんなに風の影響はない状況からのスタートになっているようです。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北西の風が弱めでヘリポートの吹き流しはほとんど垂れたまま。

波はクリーンなコンディションって感じではなく、少しザワついた感じでややボヨっとした波。

沖合からの風が影響していて、オフショアですけどクリーンな波とまではいかないコンディション。

今朝も潮は引いている時間帯なんですけど、もう少しサイズが欲しいところで、少し長めのセット間隔でやっと腿からたまーに腰くらい。

力のないブレイクでテイクオフして少し横にいけるくらいかと思いきや、そこそこ乗れるセット入ってきてますね

白渚のほうがワンサイズくらい大きめで、こちらもセット間隔は長そうですけど腰腹くらいのセットは入ってきている模様。

マルキよりかはサイズはあって、腹胸くらいのいい感じのセット入ってきてました!

なかなかいい感じのブレイク、風も弱く午前中は遊べそうです

千歳もオフショアの風ですけど、相変わらず地形は深い状態が続いており、厚めの腰腹くらいのブレイク。

潮が引いている午前中に入っておくのが良さそうです。

千葉北

昨日より少し波の反応が良くなってきた感じで、九十九里から一宮周辺までは腰腹から胸くらいのサイズはあるようです。

東海上でつくられた東ベースの風波・うねりの反応が少し良くなった感じで、千葉南よりも少し反応が良さそうです。

朝一は北西の風が吹いているところもあり、一宮周辺でも風はかわしていますけど、これから東寄りの風が入ってくると

各ポイントで面に影響が出てきそう。今日も早めに入っておくのが良さそうです。

湘南

東ベースの風波・うねりだとスモールサイズが続く湘南エリア。

今日もかなり厳しいサイズからのスタートです。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

明日も午前中は西の風、午後は北東の風

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、北日本を通過する低気圧へと吹き込む流れによって、これから風向きは時計回りにシフトしていきそうです。

北東~東~南東~南西へと時間の経過とともに風向は変わり、南西風になるのは夜になってからでしょうか。

今日の日中は北東の風がベースとなって吹くところが多く、面に影響がでてくるポイントも多くなりそう。

サイズは腰腹くらいあれば十分遊べる波ではあるかと思いますので、多少風の影響があっても遊べる波はあるかもしれません。

南海上の熱帯低気圧は夜までには台風19号へと昇格見込みとなりそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は今夜に変わった南西の風から更に時計回りにシフトしていき、明日の朝には西~北西の風になっているところも多くなりそう。

千葉エリアは西から北西の風になれば、多くのポイントでオフショアの風となります。

波は今日と同じくらいの腰腹サイズをキープするかどうかといったところでしょうか。

明日も午前中が潮が少ない時間帯、かつオフショアの時間帯となるので、今日の夕方にサイズの反応がいいポイントへ向かうのが良さそうです。

腰~腹くらいのセットが入ってくる波があれば、十分遊べるポイントが多くなるかもしれません。

南海上の台風19号見込みは西へと進む予想です。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/28
日の出:05:56 / 日の入:16:49
若潮
満潮:02:21(126cm) / 15:00(140cm)
干潮:08:34(55cm) / 21:08(60cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/28
日の出:05:59 / 日の入:16:51
若潮
満潮:02:42(123cm) / 15:12(137cm)
干潮:08:55(52cm) / 21:21(50cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/28
日の出:06:08 / 日の入:17:01
若潮
満潮:03:35(149cm) / 16:05(164cm)
干潮:09:46(62cm) / 22:12(62cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/28
日の出:06:15 / 日の入:17:10
若潮
満潮:04:15(157cm) / 16:47(176cm)
干潮:10:28(71cm) / 22:54(73cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/28
日の出:06:27 / 日の入:17:28
若潮
満潮:04:07(168cm) / 16:36(183cm)
干潮:10:18(65cm) / 22:43(65cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/28
日の出:05:57 / 日の入:16:41
若潮
満潮:01:21(123cm) / 14:11(137cm)
干潮:07:38(57cm) / 20:15(63cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.10.27

10/28 3:00大陸から高気圧が本州に張り出してきており、東シナ海からは前線を伴った低気圧が東進してくる高気圧は東海上に抜け夜には低気圧が本州の南岸あたりに千葉茨城エリアでははるか東海上の高気圧からの東から南東ベースのウネリ、昨日[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.28

10/28 3:00 ASAS台風22号は沖縄の南を北へ10KTで進んでいる。この二日間晴天をもたらしてくれた高気圧は北海道の東に中心を移し、これから週明けにかけては台風モード。明日は南の海上を東北東に進み東の海上へ抜ける予報になっており[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.28

10/28 3:00 地上天気図と波の概況台風26号は西へ10KTとゆっくり進んでおりフィリピン北部を指向しています。沿海州付近に中心のある低気圧は昨日と同じような位置にあり、千島近海にある別の低気圧から前線が南にのびています。[…]

OnThisDay-2019.10.28

気圧配置&天気と波情報 : 北から高気圧に覆われ北東の風午前3時の実況天気図 ASAS昨日東海上に発生した低気圧から前線が南海上に伸びており、日本海には高気圧があって今日はこの高気圧に覆われてきています。この高気圧配下で今[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

時計回りに風向変化
最新情報をチェックしよう!