週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

今週末の金曜~土曜日の波は?今日の千葉北は東うねりでまったり楽しめそう【2020.11.5】

おはようございます。11月5日の木曜日の気圧配置と風と波の状況です。

昨日の記事に書いた東京地方の木枯らし1号ですが、気象庁からも観測されたとの発表がありましたね。

冬の訪れを告げる「木枯らし1号」ですが、どうやら昨日の午前3時26分に東京都心で最大瞬間風速15.8メートルの西北西の風を観測したとのことで、東京での木枯らし1号は実は3年ぶりの観測となるようです。

ちなみに近畿地方では10月23日に木枯らし1号が発表されています。

今日は西高東低の気圧配置が緩んできているようですが、、、なんだか今朝も北風が強いですね・・・

高気圧に覆われて青空が広がる:今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

日本付近は西高東低の気圧配置が緩み、西から高気圧に覆われてきています。

こちらは昨日の一日の空の様子のタイムラプス映像です。かなり早送りの動画になっていますが、太陽の高度がだいぶ低くなった軌道になっていることがわかりますね。雲一つない青空が広がった一日でした。

今日も東日本から西日本では青空が広がり、いいお天気となりそうです。

今朝も関東地方の沿岸部では北よりの風が吹いており、やや強めに吹いているところもあるようです。

午後からまた東寄りの風へとシフトしてくるかもしれませんが、そんなに強くは吹かなそうですね。

千葉エリアにははるか東海上の高気圧からの東ベースのうねりがなんとか入ってきているものの、、、

昨日までの西高東低の気圧配置や高気圧の張り出しの前面の流れにより、東海上では北西から西の風が吹いて波は打ち消しあって抑えられてしまう傾向です。

千葉南より千葉北のほうが北東~東の風波チックな波も少し反応してそうで、ワンサイズくらい反応は良さそう。

また昨日の西高東低の気圧配置により、東海沖からの西うねりに反応していた湘南や平砂浦はまだなんとかうねりは残ってはいるものの、こちらもサイズダウン傾向。

今日も何とかできるサイズはキープしそうですが、波のあるポイントでも後半はサイズダウンしてくるかもしれないので、今日も午前中の早い時間帯に入っておいたほうがよさそうです。

 

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。11月4日の水曜日の気圧配置と風と波の状況です。昨日は文化の日の祝日でお休みの方が多かったかと思います。今日は水曜日ですけど月曜日みたいな感覚ですね。今朝は外に出た瞬間から昨日とは違う冷たい空気。北寄りの風も吹い[…]

木枯らし1号の発表

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西~西の風。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北から北西の風。

オフショアですけど朝一は結構強めに風が吹いてました。朝は満潮時刻と重なりかなり厚いブレイク。

かなり待つセットは腿腰くらいのインサイドのブレイクで、乗れる波はかなり少ないコンディション。

オフショアが強く波のトップがオフショアで吹き飛ばされ、沖に向けてのしぶきが目立ちます。

うねりが弱くてイマイチなコンディションが続きそうですが、潮が引いてくるこれからの時間帯に入ったほうがまだ乗れる波はありそうです。

昨日は平砂浦に西うねりが反応して、腰腹くらいのサイズで遊べる波があったようですが、今日は昨日よりサイズダウン傾向。

既に冬型は緩んでおり、御前崎の風も弱くなっています。

御前崎アメダス

西うねりが反応すると石廊崎の波浪観測データにも反応が出てくることが多いです。

台風のうねりのような顕著な変化ではないですけど、昨日の13時には波高1.5mまで観測されてました。

石廊崎の波浪観測データ

これからの時期に西高東低の気圧配置になったら、こんな観測データもちょくちょくチェックしてみると、西うねりでいい波に乗れる確率も上がってくると思います。

千葉北

北東ベースの風波の反応がありそうで、千葉南よりもワンサイズくらい大きめのセットは入ってきている模様。

朝は西よりの風も入ってオフショアベースの風、今朝も一宮周辺が東うねりには反応がよく、腹胸くらいのサイズで遊べそうですね。

今日は片貝周辺や一宮周辺で午前中までに入るのがいい感じとなりそう、午後も風の影響が少なければ引き続き遊べる波はありそうです。

湘南

先ほど平砂浦のところでも書きましたけど、昨日は西うねりでいい感じのミドルサイズのファンウェイブになったポイントも多かったようですね。

今朝はサイズダウン傾向ですが、まだ鵠沼では何とかショートでもできるくらいの波?

でもサイズダウン傾向なので、こちらも早めに入っておくかロングや厚め板を持っていったほうが安心かも。。。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

土曜日は朝一から南西の風をかわすポイントで

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても東西に長い高気圧に覆われて、広く晴れのエリアが広がりそうです。

千葉エリアは午後には東よりの風に変わってきそうですが、そんなに強くは吹かなそう。

午後は東うねりの反応が他よりもよい一宮周辺や九十九里エリアで入るのが良さそうな感じで、腰腹くらいのサイズでまったり遊べる波はありそうですね。

波はいいという訳ではないですけど、天気もよく風も弱そうで海の中にいるのが気持ちいいですね。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜には日本付近を広く覆っていた高気圧は中心を東海上に移動し、日本付近は高気圧の後面に位置するようになります。

関東地方の明日の日中はまだ晴れのエリアが多く、午後から夕方になると雲が少し多くなってくるくらいでしょうか。

明日の朝は風は弱いところが多くなりそうですが、次第に高気圧の後面にて南西の風が吹いてきそうです。

ただ日が暮れるのが早いので、海に入れる時間のうちはまだ南西の風にはならないかも。

東海上の高気圧からの東~南東ベースのうねりが後半には少し反応良くなってくるかもしれません。

土曜日のほうがこの南東ベースのうねりの反応が良くなってきそうですが、南西の風も強めに吹いてきそう。

週末の土曜は朝から南西の風が吹きそうなので、この南西の風をかわすポイントからチェックするのが良いでしょう。

一宮周辺や千歳・千倉が風が合うポイントですが、土曜日は昼前から潮が多い状態がずーっと続くので、地形が深い千歳などでは朝一の潮が少しでも引いている時間帯から入るのが良さそうです。

その他ポイントも午後は潮が120㎝くらいな状態が続きほとんど動かないので、南西の風をかわすポイントで朝一から入るのが良いのではないかと思います。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/05
日の出:06:04 / 日の入:16:41
中潮
満潮:07:26(136cm) / 17:56(144cm)
干潮:00:31(21cm) / 12:28(94cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/05
日の出:06:07 / 日の入:16:43
中潮
満潮:07:53(137cm) / 18:04(141cm)
干潮:00:52(16cm) / 12:53(97cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/05
日の出:06:15 / 日の入:16:54
中潮
満潮:08:18(161cm) / 19:08(157cm)
干潮:01:31(28cm) / 13:43(98cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/05
日の出:06:23 / 日の入:17:03
中潮
満潮:09:06(171cm) / 19:50(164cm)
干潮:02:23(32cm) / 14:25(111cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/05
日の出:06:34 / 日の入:17:21
中潮
満潮:08:47(175cm) / 19:47(173cm)
干潮:02:05(30cm) / 14:13(103cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/05
日の出:06:06 / 日の入:16:32
中潮
満潮:06:45(131cm) / 17:01(146cm)
干潮:11:32(98cm) / 00:00(cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.04

11/5 ASAS千葉北某ポイント 朝一無風から弱い北西オフショア腰腹から胸サイズ面はかなりクリーンレフト、ライトともにかなりいい波朝一は上げていたので割れにくい波が多かったが次第に引きにかけて割れやすく切れた肩張った波が現れ[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.05

11/5 3:00 ASAS昨日午後からの冬型の気圧配置は西日本から緩んできているが、北日本ではまだ等圧線が混んだ状態が続いており北日本の日本海側では時雨ている。太平洋側のうねりは弱い状態となり、はるか東の海上にある高気圧からの縁辺流によ[…]

IMG
OnThisDay-2018.11.05

11/5 3:00 地上天気図と波の概況移動性の高気圧は東海上へ抜けて日本付近は次の高気圧との間で気圧の谷となります。アリューシャン方面へ低気圧が発達しながら進んでいます。頻繁にこのエリアで低気圧が発達する気圧配置となってきました。ただ[…]

OnThisDay-2019.11.05

気圧配置&天気と波情報 : 今日も秋晴れが続く午前3時の実況天気図 ASAS秋が深まり冬が近づいてくるのが実感できるようになってきました。今朝の最低気温は10度前後、千葉では10度を下回り一桁台の気温となって寒い朝を迎えて[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

今週末の波
最新情報をチェックしよう!