週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

東京では木枯らし1号が発表されるかも?東京と大阪では異なる発表基準など【2020.11.4】

おはようございます。11月4日の水曜日の気圧配置と風と波の状況です。

昨日は文化の日の祝日でお休みの方が多かったかと思います。今日は水曜日ですけど月曜日みたいな感覚ですね。

今朝は外に出た瞬間から昨日とは違う冷たい空気。北寄りの風も吹いていて寒いです・・・

千葉沿岸部でも最高気温は20度に届かない予想となっていますし、北よりの風が強めに吹いて、もしかしたら東京地方に木枯らし1号が吹くかもしれないくらいの状況です。

それでは気圧配置を見ていきましょう

木枯らし1号の発表基準は?:今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

日本付近は等圧線が少し歪ですけど縦じまとなって西高東低の気圧配置です。

サハリン付近の上空500hPaにはー36℃以下の寒気を伴った寒冷渦があってほとんど停滞しており、日本海にも別の寒気がおりてきているような状況。

北日本までこの強い寒気が流れ込んでおり、日本海側はしぐれているところが多くなっていて、初雪の便りも多くなってきそうな感じ。

関東地方も朝から北寄りの風が吹いていて、風が冷たく感じます。

東京では木枯らし1号が観測されるかもしれないというニュースが多くなってきていますね。

ちなみに東京地方における木枯らし1号の発表基準は以下のようになっています。

気象庁天気相談所作成 資料からの引用です。

東京地方における「木枯らし1号」は、下記の事項を基本として総合的に判断して発表しています。
1 期間は10月半ばから11月末までの間に限る。
2 気圧配置が西高東低の冬型となって、季節風が吹くこと。
3 東京における風向が西北西~北である。
4 東京における最大風速が、おおむね風力5(風速8m/s)以上である。

今日はこの基準に合致する風が吹くかもしれませんね。

ちなみにこの木枯らし1号は全国で発表されるわけではなく、東京地方と近畿地方にしか発表されません

そして東京地方と近畿地方では、木枯らし1号の発表の基準・条件も違うんですね。

近畿地方の木枯らし1号の条件は以下となります。微妙に違いますね。

1.期間は 霜降(10月23日ごろ)~冬至(12月22日ごろ)
2.気圧配置は西高東低の冬型の気圧配置
3.風向は北よりの風
4.風速は最大風速が8m/s以上

1号が発生したからといって台風のように2号、3号という訳ではなく、発表されるのは1号だけです。

またこの条件に合致しないときは、発表されない年もあります。

春一番も同じような感じで発表されるので、それの冬版が木枯らし1号という訳ですね。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。11月3日の文化の日の祝日の火曜日の気圧配置と風と波の状況です。今週は昨日は平日でしたけど本日火曜日は祝日でお休み。昨日は仕事お休みを取られたかたも多いのではないかと思いますが、、、ボクは今日は仕事となっ[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西からの冷たい風。

銚子では11m/sの北西の風が観測されてますね、、、勝浦でも6m/sが観測されています。

今日はジャージ素材のウエットだとちょっと寒いはず、ラバーのフルスーツがあると安心です。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北~北西の風がやや強めに吹いています。

今朝も朝一は潮が多い時間帯、厚く割れにくい波で、サイズも物足りない感じでセットでやっと腰くらいな感じ。

オフショアで面はきれいなんですが、インサイドよりのブレイクがほとんど。

今日は潮の多い時間帯がほとんどで、昼の干潮時刻でも100㎝くらいまでしか引いてきません。

東からのうねりも抑えられる傾向になってきているので、今日はこのまま物足りないコンディションが続いてしまいそうでしょうか・・・

だいぶ冬の海らしくなってきました

白渚も海面はギラギラしており風はそんなに吹いてませんでしたけど、あんまりまとまりのない波。少し横に走れるくらいで、今朝は人が少ないですね。

こちらも冬の海って感じです。

千葉北

東海上の高気圧からの東うねりに加えて、北東の風波がまとまった波の反応があるようで、千葉南よりもサイズはある千葉北エリア。

一宮周辺など東うねりに反応しやすいポイントでは、腹胸くらいのサイズの波が入ってきているようです。

北西の風で多くのポイントではオフショアの風となり、面はそこそこ良さそうなので、サイズのあるポイントで入っておくのが良さそう。

九十九里から一宮周辺まではどこも出来そうですが、一宮周辺は少し風の影響が出てきてるかもしれませんね

湘南

昨日の記事で少し触れた西うねりですが、今朝は湘南と平砂浦にも少し反応してきているようです。

少し風向が北の成分が多く入ってるんじゃないかと思ったので、あんまり反応しないんじゃないかと思ってましたけど、、、

鵠沼では腰腹~胸くらいのファンウェイブが入ってきているようです!

西うねりなので、藤沢や鎌倉エリアのほうに主に反応しており、おそらく平砂浦でも同じくらいのサイズで遊べる波が入ってそう。

こんなときは北からのオフショアも吹くし遊べるコンディションになるときが多いので、西高東低の気圧配置のときは要チェックですね。

東海沖の風の強さはしばらく見てなかったので、これからの季節は御前崎沖合の風に注目する日が多くなりそうです。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

夜には強い北西の風はおさまりそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、西から高気圧が張り出しを強めてきます。

北日本はまだまだ等圧線の間隔が狭くて日本海側を中心として荒れ模様が続きそうですが、

関東地方は等圧線の間隔も広くなり、風も収まってくる予想です。

千葉南エリアは潮が多い時間帯がずっと続き、うねりも少しものたりないサイズが続きそう。

千葉北のほうがワンサイズくらい大きめの波が続きそうではありますが、北西の風により波は抑えられてくる傾向でもあります。

湘南と平砂浦は西うねりが反応してきてますが、次第に弱まってくるので早めに入っておいたほうが良さそうですね。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、高気圧にすっぽりと覆われてきます。東西に長ーい高気圧です。

湘南と平砂浦の西うねりも弱まりサイズダウンして明日はまたスモールコンディションへと戻ってしまいそう。

千葉エリアも今日の北西の風で波は抑えられてしまう傾向で、明日には物足りないサイズとなるポイントも多くなりそうです。

風は今日よりも弱くなりそうですが、北の風が吹く予想にはなっています。

ちょっと気になっているのが台風20号が同じようなところで停滞しているんですよね。

沖縄には台風からのうねりが反応してきそうです。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/04
日の出:06:03 / 日の入:16:42
中潮
満潮:06:45(142cm) / 17:32(148cm)
干潮:12:01(88cm) / 00:00(cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/04
日の出:06:06 / 日の入:16:44
中潮
満潮:07:08(142cm) / 17:42(145cm)
干潮:00:19(14cm) / 12:24(89cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/04
日の出:06:14 / 日の入:16:55
中潮
満潮:07:39(168cm) / 18:43(163cm)
干潮:00:58(24cm) / 13:11(91cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/04
日の出:06:22 / 日の入:17:03
中潮
満潮:08:24(179cm) / 19:28(172cm)
干潮:01:47(28cm) / 13:51(102cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/04
日の出:06:33 / 日の入:17:22
中潮
満潮:08:09(183cm) / 19:20(180cm)
干潮:01:32(26cm) / 13:41(95cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/04
日の出:06:05 / 日の入:16:33
中潮
満潮:06:03(137cm) / 16:37(149cm)
干潮:11:07(93cm) / 23:49(18cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.03

11/4 3:00東海上に抜けた低気圧と同じく東海上の高気圧からの吹き出しによるウネリが続いている。ウネリの向きは東、今朝も多くのポイントで胸肩サイズがブレイクしていて、風も北西のポイントが多く風もあっている。ここ最近の潮回りでは朝一[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.04

11/4 9:00 ASAS北海道の東の千島近海に中心のある低気圧から寒冷前線が南西方向にのび、午前9時時点ではちょうど千葉県の上空に位置している。東京では寒気が上空にはいり夕方頃には小雨がぱらついた。雨とともに北寄りの風が強まり一気に[…]

IMG
#REF!
OnThisDay-2019.11.04

気圧配置&天気と波情報 : 風をかわすポイントなんとかできる午前3時の実況天気図 ASAS関東の南東海上にある小さな低気圧は東海上へ抜けて行きました。昨日はこの低気圧の影響もあり関東地方は雨が降るとの予想がありましたが、都[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気象の数式と公式

「天気と気象を知るためのキーワード/用語集(その1/その2)」では、気象に関する様々な用語と押さえておくべきキーワードについて、ざっくりな内容のみですが記事にしてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

天気と気象公式まとめ
アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。今年2018年は例年よりもかなり水温は暖かく、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続いています。[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

木枯らし1号の発表
最新情報をチェックしよう!